へたブロ~下手の考え休むに似たるのはてブロ~

なれのはて 過去感想は作品タイトルで検索してください

スポンサードリンク

(新)ゆゆ式 #1・2・3・4・5

ゆゆ式 1 (初回限定版) [Blu-ray]ゆゆ式 2 (ファンイベント先行抽選券封入Blu-ray初回限定版)TVアニメ「ゆゆ式」オープニングテーマ「せーのっ! 」 (限定盤)
TVアニメ「ゆゆ式」キャラクターソングアルバム いちげんめ! 限定盤(OP・ED・CM集を収録したDVD付き)
TVアニメ「ゆゆ式」オリジナルサウンドトラック 「Feeling good (nice) wind」(ジャケットイラスト:まじろ)
きらら四コマ作品のアニメ化。
監督:かおり、シリーズ構成:高橋ナツコ、キャラデザ:田畑壽之、メインアニメーター:まじろ&小嶋慶祐、制作:キネマシトラス
かおりはアニメーター小森香織が最近使っている別名義でこれが初監督となる模様。まじろの方も女性らしいけど詳細不明。
本編は仲良し女子高生三人が情報処理部なるググってダベるだけの部活でゆるゆる百合百合するTHE・ゆるふわ系アニメ。
っていうか津田美波が「ゆい」で大久保瑠美がそれになついてるバカキャラな時点でゆる百合以外の何物でもない・・・!!
ただ、そこに種田梨沙の天然お嬢様キャラが加わることでボケツッコミの構図ではなくボケ倒し投げっぱなしの構図になっているので、あっちとは結構雰囲気が違う。
コントではなくトークバラエティみたいな。どう違うのかまだ細かくわからないが。
作画の安定感は素晴らしい。四コマ絵のキャラがそのままのイメージで、それでいてアニメ的に良く動く。
四コマ原作アニメはずっとビジュアルを豪華にする方向に進化していたが、最近またシンプルさに原点回帰している印象。キルミーとかショートアニメ系とか。


2話。情報処理部でダベったり夏の教室でグダったりする話。
暑さでおかしくなった大久保瑠美の人が早速、ゆい先輩を襲う変態に近くなってきた・・・!?
しかし基本的には部室でネットやってるだけの展開でありながら、要所で他のキャラ入れたり教室に戻したり校内の様子を定点観測したり、意外と気を遣った構成になっているのが面白い。
お母さん先生はまだお母さんなんて年齢じゃないのに、何か甘えたくなる感覚が実に良く出ていて可愛い。
委員長の人はあれか、夏目とか罰金バッキンガムのポジションか。こういう作品にはメインヒロインに百合片想いする別グループのキャラってもう定番なんだなー。
あと、今度は苗字だけど今度も茅野愛衣がアイちゃんと呼ばれていて笑った。また大勝利してしまうのか!?


3話。夏だ!! 水着だ!! お泊まり会だ!!
水着シーンは思ったほど多くなかったが、学校を離れてのプライベートな三人の掛け合いはより親密度が上がっていて非常に楽しかった。
いやこれ、三話目にして情報処理部って設定もういらなくないか?
特に相手のボケに対してどう反応するかを巡る「空気読み」の流れは、百合アニメというより「男子高校生の日常」みたいになってたなぁ。
そうかコントじゃないっていうのは、つまりライブ感があるってことなんだな。そこに存在するキャラが普通にダラダラしている感覚を大事にするという。


4話。アイちゃん寝顔盗撮大勝利ー!!
というわけで委員長がメイン三人組と正式に友達関係に。委員長の方も三人組で、OPからすると両グループが接近する展開も今後ありそう。
このグループ単位での教室内での距離感の機微って、今期だと「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。」でも出てくる要素だが、やはり現代的な人間関係を捉えている気がする。
お母さん先生が順調にお母さん化していく様子など、夏を挟んで状況が変化していく部分もちゃんと考えられていて感心。
それにしても今回はAパート最後の鳩が止まったサイレントネタが唐突かつ秀逸過ぎて、まだBパートが丸々残っているのが信じられないくらいだった。
BパートはBパートで、睡眠不足でぶっ壊れた唯のテンションが完全にいけないクスリをキメたレベルになってて凄かった。


5話。人生とは何なのか、生きるとか、死ぬとは一体どういうことなのか・・・。
ええと、いきなり女子高生の会話から人生の深淵に迫る哲学が発生する話。
今まで以上にひたすら三人で喋っている内容だったのだが、その会話の流れが思わぬ形で結実していくカタルシスが尋常じゃないぞ・・・!?
話題の尻尾を次々に拾って繋げながら止めどなく話を続ける感覚って、それこそ女子の長話ではリアルなものなのかな。
最終的に生と死を巡る理論から三人の絆の話になって、三国志の桃園の誓いみたいなオチに辿り着いてしまったのには本気で驚愕したよ。
「三人一緒なら不死身だね」という結論には、何か非常に女子高生らしい無敵感があって良かった。
あと、唯と縁の友情の原点を語るロリ回想で他の友達がシルエット表現されていたんだけど、唯と一緒にお弁当食べていた友達の存在が妙に気になる。
あれって今回の話のテーマからすると実は重要な演出なのではないかと。
二人+ゆずこは真の親友となって強固な関係性を構築しているが、そこに至るまでには数多くの「忘れられた友人」の存在がある。
モブキャラをシルエットや記号で処理するのは「ひだまりスケッチ」をはじめお約束になっている手法だけど、今回はその裏にある過酷な現実がちらっと見え隠れしていて、そこまで意識してやっていたなら凄いと思う。

(新)ダンボール戦機WARS #1・2・3・4・5・6

無限マイセルフ (CD+DVD)
前作から数年後を舞台にした新シリーズ開始。
基本スタッフは継続だが、原作のキャラ原案が椎野央子に変更。また総作監からキャラデザの西村博之が抜け大橋俊明&田中紀衣となり、見た目の印象はだいぶ変わっている。
本編は、昭和の街並みを再現した孤島にある学園で、学生達がLBXを使った擬似戦争を行うという話。
あれほど頑張ってバン達がLBXを強化ダンボールの中に戻そうとしていたのに、結局戦争の道具になってんのかよ・・・と突っ込みたくなるのだが、どうも学園の裏にはジンも関わっているらしいので説明されている以上の意図はあるのだろうな。
街は昭和風味でありながら、学園の地下には巨大な仮想空間が広がり日々戦争が行われているという世界観は非常に刺激的で面白い。
また、近年のロボットアニメでもっとも難しい「少年がわざわざ人型兵器で戦争をする必然性」をシンプルにまとめているのには驚かされた。
いやこれ、それこそガンダムで出すべきアイディアだったんじゃないのか日野社長!?
戦争という題材に合わせてLBXもよりミリタリー色の強いデザイン、演出が施されていてカッコ良い。
特に援護射撃や移動といった地味な動きをちゃんと兵士らしく見せているのには感心した。
あと主演が「革命機ヴァルヴレイヴ」と同時期に逢坂良太
確か「つり球」だかの時に逢坂良太はロボットアニメ似合いそうだと書いた記憶があるので、やっぱりきたなという感じ。
バン&ヒロとは違う未熟さを持った主人公を熱演してくれることに期待。


2話。擬似戦争で負けると戦死扱いで即退学だけど、まいったポーズ取ってればセーフ!!
ブレイクオーバーしただけで退学だと生徒があっという間にいなくなるだろうとは疑問に思っていたが、完全破壊されなきゃ退学じゃないとは逆にちょっと条件ユルい気がするなぁ。
そもそも完全破壊の定義が良くわかんないし。ガンダムファイトみたいに頭部を破壊されたら失格とか条件を明確化して欲しい。
主人公チームのまとまりのなさは、まさに戦争もののデコボコ小隊って感じだな。小隊長さんは苦労人ポジションか・・・。


3話。バイオレットデビルの異名を持つライバルキャラとの初戦闘。
プレイヤーのムラクさんは学園一の天才として超有名、バイオレットデビルも最強LBXとして超有名、なのに何で「バイオレットデビルのプレイヤーがまさかムラクだったなんて!!」ってオチになってんの?
仮想国ごとにチーム分けされていて他国の事情がわからないにしても、組み合わせが他にないだろうに。
ムラクが圧倒的な強さを見せるバトルは、今までの「ダンボール戦機」のテイストとは明らかに異なる緊張感があって興味深かった。
エスケープポーズ取らないと死ぬ=退学になる、という要素は自分がピンチになるほど活きるわけね。


4話。第一小隊に新LBXが導入され、主役ロボ初お披露目。
といっても、何かデジャヴするなと思ったら第一話アバンがこの初バトルシーンだったのか。
他の小隊の連中はムカつくが、何で第一小隊だけ贔屓されるんだという文句には同意。
色々と伏線があるにしろ、かつて二名の戦死退学者を出してしまった小隊長に新型を預けるのはリスキーだろうし。
せっかく小隊長とメカニックのキャラが掘り下げられてきたのだから、自分達の機体は自分達でどうにか調達して欲しかったなぁ。
組み立てこそいつものプラモだったけど、どうもWARSになってLBXの手作り感が薄れてしまったのは残念。メカニックの改造も素人の仕事じゃない・・・。
とはいえ、新型機はどれもこれも非常にカッコ良い。
今までの量産機の演出も良かったけど、やっぱりヒーロー的な機体の方がLBXは映えるな。
変形して射撃モードになるギミックは特にリアル系でありながらスーパー系の魅力があって良かった。


5話。黒い三連星っぽい不良チームのジェットストリームアタックっぽい攻撃に苦戦する話。
新シリーズになってコンビネーション攻撃が導入されるのはイナイレの必殺タクティクス連想するな。
小隊単位で戦闘を行う今作のコンセプトにはそれこそゲームデザインのレベルで合致した新要素なので、上手くリアリティとの整合性を取って欲しい。
また、第一小隊がそれなりにまとまってきたことで、今度は国単位での他の小隊との連携が重視される展開になってきた模様。
今のところ若様だけが突出して頼り甲斐があって他が嫌味なだけの雑魚にしか見えないんだけど、他の小隊もそのうち実力発揮していくのかな。
・・・雷門の先輩組みたいにキャラ立った途端に役立たずって可能性もあるが。


6話。第一小隊・・・というか、ほぼ若様との連携攻撃で黒い三連星を撃破!!
小隊長との特訓って一体何だったんだよ!? もう指揮官、若様でいいんじゃないか・・・。
そもそもあの円堂式の特訓自体、LBXの操作には何の関係もなかった疑惑。
中村悠一の人が何だかんだで助けにきたのも燃えたけど、やっぱり若様ほどは役に立たなかったなー。
そして初めて相手を退学に追い込んでしまったアラタの葛藤。
相手が負けた途端にすっきりしていたのは覚悟を決めた兵士らしくて良かった。
まあ、そのうち負けてグダグダ言う奴も出てくるのかも知れないけど。
敵を「殺す」ことの重みを、擬似的にでも真摯に扱っていたのも好印象。
直接の死を描かずにサバイバルを成立させているのは、「金色のガッシュ」の魔界強制送還設定を思い出す。

(新)イナズマイレブンGO ギャラクシー #1

勝手にシンデレラ (CD+DVD)
第三期開始。第二期でスケールを広げ過ぎたのに第三期で世界大会に戻るのは無印と一緒。
物語は、謎の日本代表監督によって選抜されたメンバーがサッカー素人だらけで前途多難という展開。
一芸に秀でたサッカー素人が代表に選ばれるって、それ飛鷹じゃないか・・・。要するに今回は天馬、神童、剣城の三人だけ残してあとは総入れ替えという構成。
ついに信助も三国先輩と一緒になって解説役落ちかと思うとちょっと切ない。
新キャラは個性派というより今のところ、びっくり人間大集合レベルなので魅力についてはまだ何とも言えない。
とりあえずバスケキーパーは明らかに解説コンビより役に立ちそう。
あと、化身禁止ルールが追加されたのは今まで「GO」でやってきたことは何だったんだと思わなくはないが、色々考慮すると懸命な判断ではある。
化身のせいでどんどんサッカーから遠ざかっていたし、演出が複雑になり過ぎてたからなぁ。
しかし、マジン・ザ・ハンドのように必殺技で召喚するぶんにはルール違反にはならないのだろうか?
そして今回のシリーズ最大の問題点、謎の監督が完全に死者。
事前の段階ではまだ良く似ただけの人って可能性を考えていたのだが、普通にラストで鬼道さんが「我が師、影山」とぶっちゃけてて笑った。
昔、あれだけやられたのに日本代表を任せてしまう円堂達の目論見もさっぱりわからん。どうせまた鉄骨落ちてくるんだろ・・・!!

イナズマイレブンGO クロノ・ストーン #47〜51(終)

イナズマイレブンGO DVD-BOX1 ホーリーロード編 (期間限定生産)劇場版 イナズマイレブンGO vs ダンボール戦機W (初回限定版) [Blu-ray]
47話から50話までが最終決戦。
ラグナロク最終戦はSARUがサイヤ人の血によって大猿変身したりするのを、最強イレブン波動で打ち破り大団円。
SARUの変身はいくら何でもそのまんま過ぎるだろと思ったが、ここまで開き直られると意外と気持ち良かった。
しかし、最終決戦でミキシマックスが結局ほとんど役に立ってなかった気がしたなぁ。劉備さんより化身の方がまだ強いじゃん!!
優良種としての自己存在にこだわるSARUをサッカーを通じたチームメイトとの友情が救う流れは、お約束とはいえそれなりに盛り上がりがあって良かった。
ただ、SARUを説得するうえで天馬にカウンターになるだけのバックボーンがあったかというと、やっぱりそこは最後まで弱かった印象。
第一期から続く、サッカーを題材にしての「熾烈な競争社会での勝敗を超えた価値観の提示」ってテーマが、肝心なところで踏み込みきれていないのが残念。
エピローグがあっさり気味だったのも物足りなかったのだが、フェイと黄名子のエピソードはきれいにまとまっていたんでそれだけでもわりと満足。


51話は恒例の総集編最終回。
改めて短い時間で今回の話をまとめると、デンパ過ぎてさすがの秋さんもドン引きしてそう・・・。
ジャンヌがメガネっ娘だったとか孔明が実は女だったとか、時空を超えると言いながら実はエロゲしてただけなんじゃないか疑惑。
あと、総集編で触れられるまで原始人のことをすっかり忘れていたのだが、あいつの出生の秘密って結局本編とはほとんど関係なかったのな。

(新)LINE TOWN #1〜

インターネット無料通話アプリに端を発する人気コンテンツの、TVアニメ夕方枠版。
先に深夜枠で五分アニメとしても放送されているが、あれはキャラだけ共通で設定も制作も異なる模様。
監督:しぎのあきら、キャラデザ&総作監:あんきな、制作:アセンション
深夜版はキャラが会社員となっているが、こちらはタイトル通り一つの街でのキャラ達の生活を描く設定となっている。
正直、こういうタイプのアニメとしてヒネりも何もなさ過ぎて反応に困るのだが、恐らく低年齢層にアピールするのが目的なんで別に奇をてらう必要はないんだろうな。
ちなみに原作元が韓国資本の為かキャラもそっち系のテイストが強く、個人的にはあんまり日本人受けしなさそうだなぁと思っていたので流行って驚いた。
アジア系のキャラデザが若年層を中心にこれだけ受け入れられたのは非常に大きなことだと思うんだけど、何かどう受けてたのかまだ良くわかってない・・・。
見た目だと「コジコジ」とか「伝染るんです。」のようなシュールギャグになりそうだが、あくまでも基本はほのぼの日常もの。
本編の作りも何というか、話を楽しませるよりもキャラを馴染ませることを重視している印象。
もっと色々とヘンなことも出来そうなんだけど、化けるかどうかはまだ読めないなぁ。
深夜の方もあるし、軽くチェックを続けながら変化を見極めたいところ。

獣旋バトル モンスーノ #26・27・28・29・30・31・32

SPIN GO!/同じ世界で
26話は第一部クライマックス。
とりあえずハゲのことは置いといて色々と地球に危機が迫っていたがそれはどうにか終わらせて、最後に親父が問題を全部チェイスにぶん投げてきたのをチェイスがぶん投げ返して終了。
・・・な、何一つこいつら解決してねえぞ!? モンスーノを滅ぼして地球を救うのは間違っている、というチェイスの決断はそうかも知れないが、代替案ゼロで爽やかに希望を投げ捨てるなよ!!
親父も責任取ると言いながら最終的に息子に全判断を委ねる辺り、相変わらずヒドい。
あと、3クール目に続くといっても謎の宇宙人っぽい人のこととか伏線ほとんど未消化で済ますのも驚いたな。
ジョン・エースさんの未来はどっちだ・・・。


27話からOP&EDも変わって新展開。
体育座りで待機するジョン・エースさんを元に戻す方法を探す名目で、親父の命で破壊活動を繰り返す破壊チームに新たな敵が迫る!!
初っ端からブレンの相棒クイックフォースがガチでお亡くなりになる衝撃展開。
前回までモンスーノを絶滅させる話をしていたのに何だが、モンスーノが普通に死ぬとは思わなかった・・・。


28話。で、さすがのブレンも本気で落ち込み鬱展開一直線・・・だったはずなのに、ロックさんが大気圏突入したりでそれどころじゃなかった。
「親父がクイックフォースに良く似たモンスーノ作ったから」
「クイックフォースの代わりなんていないんだ!!」
「いや、けどこの新モンスーノの名前、ネオクイックフォースだし」
「ヒャッホー、ネオクイックフォース最高ーっ!!」
・・・みたいなブレン復活の流れは今までのこの作品のあらゆる超展開のなかでも突出してヒドかった!!
何だよそのペットが死んだ途端に新しいの買ってきて同じ名前付けるような節操のなさは!!
「ロック突入」のサブタイトルの意味が判明する、クライマックスの大気圏突入も無茶苦茶さに磨きがかかっていて凄かったなー。
第二部になってモンスーノが更に何でもアリの存在になりつつある。


29話。謎の森でメディーア様が触手責めされる話。
ババア触手責めって、一体誰の為のサービスなんだ・・・。
ビッキーが巨大な触手に乗っかっている絵はそれなりにエロかったが、何か方向性が違ったし。


30話。ライバルチーム、ストライクフォースによって分断された破壊チームが驚異の生身戦闘力を発揮する話。
ああ、こいつらモンスーノ使わない方がむしろよりエグくて直接的な手段で攻撃してくるから手に負えないんだ・・・。
落とし穴や格闘はともかく、アッシュがいきなりカードバトル始めたのには違うアニメでやれと突っ込まざるを得なかったなー。
あと、敵チームのリーダーが無駄に矢尾一樹。やってやるぜに期待。


31話。実は家族の仇だったハゲにアッシュが呼び出され人体改造されかける話。
「このままじゃジョン・エースみたいにされちまう!!」って表現がジョン・エースさんに対して失礼過ぎて笑った。
結局みんなジョン・エースさんのこと、助けるだの何だの言いながらバケモノだと認識してるんじゃないか・・・!!


32話。ハゲ博士とチェイスの遺伝子によって生まれた愛の結晶、シックス登場!!
ハゲ×チェイスの掛け合わせクローンがライバルキャラになるという、おいしいんだか根本的に何かが間違ってるんだか悩む衝撃の新展開。
六番目に生まれたからシックスらしいんですけど、これ絶対他の意味をかけてますよねぇ・・・。
「今日は僕の誕生日なんだ」「それはオッケーってことだな!!」など、謎のツーカー会話によるチェイスとシックスの絆の表現も面白かった。これがとある科学のモンスーノSか・・・。
それにしても一度は友となった相手と戦うことになっても、「お前とは戦えない」なんてありがちな弱音を一切吐かず即戦闘モードに突入するチェイスは生粋の戦士だ。

GJ部 #12(終)

GJ 部 Vol.3 [Blu-ray]GJ 部 Vol.4 [Blu-ray]
三年生の卒業とGJ部の世代交代を描く最終回。
1クールしかやってない・・・どころか、そもそも部室でダラダラしている様子しか今まで見せていないのにも関わらず、何故か溢れる去り行く日々への切なさ!!
あれ、本当に何で二期やった「生徒会の一存」にも2クール積み重ねた「さくら荘」にも負けない感動の卒業式エンドが実現しているんだ・・・!?
正直どうしてこんなに感慨深さが湧いてくるのかわからないのだが、いつの間にかあの「GJ部な空間」そのものへの愛着が育てられていたってことなのかなぁ。
ひと気のない校舎の雰囲気や、部長引き継ぎシーンの空気感など、別れの時を感じさせる演出作りの上手さにも感心。
あと、妹軍団や森さんを敢えて出さずにGJ部メンバーだけで最後を締めたのも良い判断だったと思う。
全体としても、一体何をどう楽しめばいいんだと途方に暮れた第一話からすれば、まさかこんなことになるなんてと驚愕するしかない完成度だったなー。
地味に丁寧で遊びに満ちた作画演出、テンポの良い構成と声優陣の掛け合い、ニッチでフェチなところばかり突いてくるサービスなど、楽しみどころが毎回増えていくのも面白かった。
観続けて良かったと素直に思わせてくれただけでも、充分に素晴らしい。
スタッフの皆様、お疲れ様でした。