へたブロ~下手の考え休むに似たるのはてブロ~

なれのはて 過去感想は作品タイトルで検索してください

スポンサードリンク

仮面ライダーウィザード #26・27・28・29

仮面ライダーウィザードVOL.3 [Blu-ray]
26話。メデューサのそっくりさんを調査する為に学園に潜入する話。
晴人は「フォーゼ」のキャラでも通用するくらい制服似合ってるな。だが助手、てめーは完全に不審者だ。日曜朝からあの女装はキツいぞ・・・!!
メデューサちゃんが実は双子だったというのは役者のポテンシャルを活かす良い設定。
親しい人がファントムになってしまうパターンのなかでも最悪に過酷なケースを出してきているのも、相変わらず容赦ないなぁ。


27話。メデューサ双子編の後編。
まさかの魔法少女誕生展開に!! この前のビーストの魔法少女ネタ、伏線だったの!?
双子の妹が覚醒し、魔法使いになる決意をするクライマックスは久しぶりにこちらの想像を超える流れで素晴らしく熱かった。
女ライダー誕生の予感もするし、メデューサが退場しても役者は継続する面白い構図になるし、一体このネタをどう広げてくるのか楽しみでならない。
なので、次がそれは置いといてビーストパワーアップ回なのには正直ずっこけた・・・。


28話。というわけで、ビーストのパワーアップアイテムが発掘される話。
研究成果をどうにか独占しようと必死な教授のキャラが、歴代ゲートのなかでも特に面倒くさい。
あと、ビーストのベルトが奪われる展開によって生身のアクションシーンに気合いが入っていて見応えがあった。


29話。実は教授が盗んでいたベルトを取り戻して、ビーストハイパー誕生。
マヨラーと教授が研究に対する熱意で意気投合していく流れは、主人公より主人公らしいマヨラーの陽性な魅力が良く出ていた。
キマイラに取り憑かれたままでいる理由も、意外と真面目な研究者気質が垣間見えて感心したな。
ビーストハイパーは動くと予想よりカッコ良かったが、やっぱり名前で脱力するなぁ。

仮面ライダーウィザード #25

仮面ライダーウィザードVOL.3 [Blu-ray]
マヨラーのおばあちゃん編、後編。
おばあちゃんとの思い出を糧にしてヒーローとしての自覚を固めていくマヨラーのドラマは、平成ライダーとは思えないくらい健全だなぁ。
ある意味、言葉は悪いが田舎っぽいのだが、それもビーストだから動物的な素朴さということなのか?
助手救出作戦の魔法を晴人が使っておくネタは、「こ、こんなくだらねーこと! イ、イカサマと言うのは・・・ちくしょう」とか思った。

獣電戦隊キョウリュウジャー #3

スーパー戦隊シリーズ 獣電戦隊キョウリュウジャー VOL.1 [Blu-ray]
剣術家の父との関係に悩む、緑の仲間入り編。
青とピンクはまとめられたのに緑は単独で一話もらえるのか。
剣術親子の葛藤ドラマはお約束の泣かせポイントを突いていたし、そこにキングのリーダーシップを絡める展開も上手かった。
キングの「俺達は戦隊だ」という宣言などはWで「仮面ライダー」の存在を再定義していた三条陸っぽいな。

仮面ライダーウィザード #24

仮面ライダーウィザード VOL.2 [Blu-ray]
マヨラーを心配してやってきたおばあちゃんがゲートとして狙われる話。
ああ、マヨラー実はおぼっちゃんだったのか。あの他人の話をみなまで聞かない性格は確かにそれっぽい。
ビーストが魔法少女に偽装するネタは仮面ライダーで魔法ものってこの作品の設定を意外な方向に繋げていて少し感心してしまった。
今更ながら言われてみればこの作品って魔法少女ものの男の子逆輸入版なんだよな・・・。
しかし、おばあちゃんと仲良くなってようやく役に立ちかけてたのに、また助手は足を引っ張るのな。

獣電戦隊キョウリュウジャー #2

獣電戦隊キョウリュウジャー 主題歌 《限定盤 獣電池+親子で測れる! 「キョウリュウジャー」身長計付》
集まりの悪い戦隊が、いきなり青とピンクが問題克服する戦隊力を発揮する話。
戦隊力って表現は斬新だが何故か無茶苦茶納得いくな・・・!!
二話目で一気に青とピンク、二人ぶんの仲間入り話を消化してしまう異様なテンポの良さも面白かった。
それと青の家族構成、未亡人の妹と姪っ子の三人暮らしでほとんど兄妹で擬似夫婦になっている設定が、エロゲでも聞いたことないくらい怪しくて凄い!!
別に不健全なことは何もないはずなのに、何て妄想の広がる家族関係なんだ・・・!!

仮面ライダーウィザード #23

仮面ライダーウィザード VOL.2 [Blu-ray]
宇宙キターッ!!
というわけでVSフェニックス後編。相手が不死身なら無限地獄に叩き落とせばいいじゃない決着。
宇宙いった時には、ああジョジョ第二部ネタバレね・・・と思ってたらそのまま太陽までいっちゃって笑った。戦隊が三条陸になったんで、大魔王バーンオチか!?
しかしこの段階でウィザードのフォームが強くなり過ぎじゃないか? すでにフォーゼ最終形態が涙目レベルだぞ・・・。

(新)獣電戦隊キョウリュウジャー #1

獣電戦隊キョウリュウジャー 主題歌 《限定盤 獣電池+親子で測れる! 「キョウリュウジャー」身長計付》
スーパー戦隊シリーズ最新作。
科学・シリアス系と自然・コミカル系を交互にやる法則に従い、今回は思いっきり超自然&ギャグ路線。
恐竜モチーフは初代「パワーレンジャー」の元になったジュウレンジャーアバレンジャーに続く三作目だが色々と差別化戦略があって興味深い。
何で恐竜なのに「獣」で「電」なのかと不思議に思っていたら、「充電」と掛けてるのか!!
恐竜が電池で動くという、オモチャの設定そのまんまな描写はかなり強烈だったなー。どこのGEAR戦士電童だ。
変身の際にサンバのリズムで踊るという、バトルフィーバー時代まで戻ったような演出も意外とハマってた印象。
今回はシリーズ構成が三条陸なせいか、戦隊のお約束要素を巧みに再構築している感覚があるなぁ。
果たして「仮面ライダーW」のような新生を果たせるのかどうか・・・。