読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

へたブロ~下手の考え休むに似たるのはてブロ~

なれのはて 過去感想は作品タイトルで検索してください

スポンサードリンク

プロレスラー橋本真也、急逝について

スポーツ・格闘技

ええと・・・ニュース観てなかったものでネットに繋いで
初めて知ったんですけど・・・本当なのか、本当に橋本が・・・。
あり得ないよ、いくら何でも、何で寄りにも寄って橋本が。
うわー、アンディ・フグが逝った時以来のショックだ・・・。
筆者は子供の頃に夕方枠でワープロを観ていた最期の世代で、
その後は「リンたま」なんかと合わせて深夜枠でも
どうにか熱心に追いかけることの出来た、
いわゆる三銃士・四天王直撃世代なんだよなー。
上の世代にはミーハーに思われ、
下の世代にはバカにされるんだろうが、
生涯のベストバウトが「橋本真也34歳、小川直也に負けたら
即引退スペシャル!!」であることはもう動かしようがないのだ!!
あれはもう、夕方、深夜と落ちていく新日しか知らず
それでも追い続けた筆者の年代にとっては、
一夜の夢だったんだよ!!
今でも思い出すと痺れる、STOとDDTの相討ち、
TVの前で「ドラゴンボールかお前等は!?」と叫んだあの瞬間。
プロレスの幻想がまだギリギリ生きていた、最終最期の崖っぷちで
橋本真也はまさにリアルプロレスラーだった。
その後、ZERO−ONEを旗揚げして、旗揚げ第二戦には
生まれて初めてライヴで観に行ったっけなぁ・・・。
思えばあれ以来、プロレス熱は冷める一方で、
今ではTVでもロクに観ない、雑誌は格闘技記事目当てに
紙プロ買うくらいで・・・嗚呼、もう全ては思い出か。
故人のご冥福を慎んでお祈りいたします。