読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

へたブロ~下手の考え休むに似たるのはてブロ~

なれのはて 過去感想は作品タイトルで検索してください

スポンサードリンク

ファイナルファンタジー12ファーストインプレッション

ファイナルファンタジーXII 特典 FFXII/iTunes Custom Card(※iTunes Cardとしての使用有効期限は切れています)付き
ファイナルファンタジーXII オリジナル・サウンドトラック
頑張って時間作って、五時間もやったのに
まだ説明書に載ってるプロローグ部分が
終わってない感じなんですけど・・・。
最近の作品とは一線を画す重厚な世界観と、
それを支えるビジュアルは見事の一言。
ストーリーもまだ序盤ながら骨太さが漂ってくる。
キャラは、パンネロの素人っぽい声が何かいい。
ハン・ソロ・・・じゃなかったバルフレアも平田声が似合っている。
で、ゲームとしては、まだ何とも言い難いというのが正直なところ。
最初の二時間が延々と文字通りのお使いイベントだったのは
さすがにどうかと思ったけど、システムがこれまでのシリーズとは
だいぶ変わっているので、馴れにはそれくらい必要だったってことかな。
最大の特徴であるアクティブ・ディメンション・バトルは、
はっきり言ってRPGやってる気がしない。
完全にアクションやってる体感なんだけど、
攻撃するにはゲージが溜まるまで待たなければならないので、
その待ち時間への違和感がどうにも抜けない。
敵にくっついたら自分で殴りたいのに殴れない、そのもどかしさ。
魔法や必殺技が使えるようになってくればまた違うんだろうけど。
ガンビットやライセンスのシステムは面倒くさいけど面白い。
レベルがなかなか上がらないバランスなども含めて、
今回は全体的に「重厚」というラインで統一しているような印象。
あまりさくっとライトに遊ぶには向いていないように思う。
まあ、久々のFFなんで、そのくらい重くなければ
張り合いがないとも言えるけど。