読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

へたブロ~下手の考え休むに似たるのはてブロ~

なれのはて 過去感想は作品タイトルで検索してください

スポンサードリンク

第2次スーパーロボット大戦Z〜破界篇〜 ファーストインプレッション

ゲーム

第2次スーパーロボット大戦Z 破界篇 SPECIAL ZII-BOX
シナリオはリアル系寄りからコードギアスボトムズメインルートを進み、大きく二つに分かれていた部隊が合流して合同部隊が発足するところまで進行。
ただ途中で少し戻ってスーパー系寄りルートの真マジンガー&ダイ・ガードの初出撃シナリオだけはやっておいた。
気付いたことだけ箇条書きにしますが、それでもネタバレ多いので注意。


・最初こそ大画面大音量の方が良かったかと思うが、すぐに寝転がって出来る気楽さが勝る。
・OPムービー長いよ!! 何でこれPVで全部流さなかった!?
・主人公のキャラ描写とサクサク戦闘に突入する第一話は最近の反省が良く出ている。
・しかし「L」に続いて何であいつが第一話に!? もうそういう扱いで固定なの!?
PSPだとソフトリセットが微妙にやりづらい。
・便利ボタンが一つしかないので、精神と変形どっちかが面倒になる。
・戦闘シーンのスキップは最初タイミングがわからなくて戸惑った。慣れると味方のセリフだけ聞いたり出来て便利だが。
・世界観の思い切りの良さが秀逸。日本とエリア11のあの発想はなかったわー。
・DVEが多いのも「Z」の反省が活きているのかな。コーラサワーよりグラハムの乙女座に欲しかったけど。
・レッドショルダーVSソレスタルビーイングとか燃えまくるが、いかんせん機体の格差が残酷過ぎる!!
ボトムズの再現度が予想以上。舞台の変更も面白いクロスオーバーになってるので個人的には問題なし。
コードギアスの再現度がそれ以上。機体が揃わないうちはゼロの指揮がないと他の連中役立たず過ぎるとか。
・「修理装置がついてる!!」「こっちには補給装置がついてるぜ!!」。使いません。
・真マジンガー、「その名は!?」連呼に混ざるな主人公。
・21世紀警備保障がフル参戦とかさすがに期待を上回り過ぎて若干怖いよ!!
・装甲200は確か、生身の東方不敗以来の伝統の最低装甲値。
・パイロットが三人いても努力と根性しかない!!
・合流後、さぞ強くなってるんだろうと思ったらまったくそんなことなかった・・・。
・同じ声のマイスターはずっとメガネかけっぱなしなのに何故お前は外す? そんなにメガネ割られるのが嫌か?
・今作の数少ない欠点の一つが顔グラかなぁ。ゲッター組の気合いをアルト姫に分けてあげて・・・。
・というかマクロスFは「L」でのカットインが無茶苦茶してたんで機体の動きは良いのに地味に見える。
・ようやく逢えたアニキが実にアニキで良かった。
・「正義の味方」と嘘でも言っておいて良かったよね。おかげで協力体制に無理がない。
・主人公に代表されるように「利害も思惑も別だけどそれはそれとしてみんなお人好し」という一点でこのカオスな面々をまとめているのは上手いな。
・しかしこのあと、どうやって続投組まで入れるんだ・・・!?


と、まだまだ序盤っぽいのでこの程度。今回はルート分岐での雰囲気の差が激しそうなので長く楽しめそうだなー。