読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

へたブロ~下手の考え休むに似たるのはてブロ~

なれのはて 過去感想は作品タイトルで検索してください

スポンサードリンク

映画 プリキュアオールスターズDX みんなともだちっ☆奇跡の全員大集合!

アニメ映画

映画プリキュアオールスターズDX みんなともだちっ☆奇跡の全員大集合! [Blu-ray]
プリキュアオールスターズシリーズ第一作にして、現「スマイルプリキュア」SD:大塚隆史の監督デビュー作。
あくまでこの時点ではシリーズ化の予定はなく一回限りのお祭り企画、かつスケジュールに余裕がなかったということでやっていること自体は非常にシンプル。
だがそのシンプルさが「全員集合もの」の魅力を最大限に引き出していて、いわゆる東映まんがまつり的な高揚感が凄まじい!!
大塚隆史は二十代でのデビュー作のはずなのに、何でこんなに東映の伝統芸能に長けているんだ・・・!?
本当に随所に東映っぽいなぁというシーンが多くて、こういうのが東映の底力なのかなと思ったりもした。
ぶっちゃけ全員集合の段取りやオールスターでのバトルの組み立ては、ディケイドやゴーカイジャーよりも上手い。
一番厄介な世界観の擦り合わせを、開き直って淫獣がみんな知り合いでどの作品の舞台も実は横浜近辺でしたとしてしまったのが勝因。
各キャラが別作品のお店を訪ねていくところなんて、それだけでワクワクさせられた。
また各作品からの小ネタの拾い方が上手くてファン心理をくすぐる術を心得ているのも見事。
初代のガチンコヒーローっぷりといい、SS組のフォームチェンジといい、5組の連携といい、本当にわかっていて観ていて気持ち良い。
主題歌の使い方なんてマジで他の全員集合ものはこれ観て勉強しろというレベル。
ただ一方でフレッシュ組についてはまだTV版はほとんど動いていない段階での制作なので、キャラが固まってない。
この頃はまさかラブが兄貴キャラになるなんて誰も思うまい・・・。