読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

へたブロ~下手の考え休むに似たるのはてブロ~

なれのはて 過去感想は作品タイトルで検索してください

スポンサードリンク

ベルセルク 黄金時代篇I 覇王の卵

ベルセルク 黄金時代篇I 覇王の卵 [Blu-ray]剣風伝奇ベルセルクBD-BOX [Blu-ray]
ベルセルク劇場用映画プロジェクト第一弾。第二弾公開を前にGyaOで一日限定無料配信。
監督:窪岡俊之、脚本:大河内一楼、キャラデザ&総作監恩田尚之、制作:STUDIO4℃
ストーリーこそTV版と同じ「黄金時代篇」を元にしているが、スタッフ&キャストは一新され作画には3DCGを多用するなど挑戦的な新作となっている。
一番気がかりだった3DCGについては、質感と重量感の軽さがどうしても引っかかる。
またアクションがゲームっぽいモーションになってしまい、首が飛ぼうが血飛沫が舞おうが奇妙に現実感がない。
「絵」が人間に与える生々しい感覚に、まだCGは追いついていないのだと改めて思い知らされる・・・。
ただし、それも時間の問題で着実に何か本質的な部分に迫ってはいるんだと思う。
今は本当にCGアニメの進化を見るには面白い時期なんだろうな。
人物作画は堅調でCGとの相性も良く、何か気合い入れたはずの最初の合戦シーンが一番足を引っ張っていて以後は尻上がりに良くなっていく印象を受けた。
あと、キャスカのヘアヌードをちゃんと描いていたのに感心。GyaOも年齢制限なしで大丈夫だったのかこれ?
声優陣は仮面ライダーバースこと岩永洋昭にほとんど違和感がなくて驚いた。
TV版でガッツを務めた林(現・神奈)延年の当時の演技にもわりと似ているし、実写出身によくあるセリフの聞き取りにくさなどもない。
キャスカ役の行成とあも外画吹き替えメインの人らしく安定していて悪くなかった。
対して、良くも悪くも悩まされたのが実はグリフィス役の櫻井孝宏だったりする。
このグリフィスは・・・若過ぎる、爽やか過ぎる、善人過ぎる、青春真っ只中過ぎる!!
どうしてもTV版の森川智之との比較になってしまうのだが、あっちは黄金時代にあってもいずれ破滅を迎えるであろう本質的な闇を匂わせていて、だからこそ絶望に転がり落ちていく物語にも耐えられた。
こっちは根っから明るく見えるもので、この先の転落が上手く予感出来ない・・・。
それが恐らくは先の読めない物語として正しいのだろうが、この映画の観客って大方原作ファンだろうからなぁ。
まあ、この櫻井グリフィスがいかに堕ちていくのかは確かに凄く楽しみではある。
今回はガッツへの暗殺依頼で二人の道がズレ始めるところまでで終わったが、予告からすると次で決闘までいく模様。
それにしても尺がキツいのにラスト10分ずっとエンドロールってどうなのよ・・・。