読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

へたブロ~下手の考え休むに似たるのはてブロ~

なれのはて 過去感想は作品タイトルで検索してください

スポンサードリンク

ROBOTICS;NOTES #17

ROBOTICS;NOTES 3(完全生産限定版) [Blu-ray]
咆筺のメシア(完全生産限定盤)(DVD付)
トポロジー
悲劇の連鎖でロボ部の廃部が決定するも、あき穂の爆発するエゴが現実に抵抗する。
あき穂のモチベーションが結局は姉への劣等感でしかないという問題、どう扱うのかと思っていたらむしろそういうエゴで他人を巻き込まなければ駄目なんだという流れになるのか。
それは確かに「ものづくり」に取り憑かれた者には必要な資質なのかも知れないなぁ・・・。
見せ方によっては本当に嫌味になってしまいそうな部分だが、海翔との極限まで追い込んでいく会話は真に迫っていて非常に良かった。
直後にドクや先生が速攻で味方になってくれるのはちょっと甘い気がしたけど。まず昴の親父に殴られようぜ!!
瑞榎さんの死であれだけやったのだから昴は大したことないのではないかと期待していたのに、後遺症が残るかもと言われて結構ショックだったよ・・・。
そして、大徳さんの土下座号泣謝罪にはちょっと興奮して申し訳ない気持ちになりました。
最後はあれ護れと言われた君島レポートを世界に拡散させる形になったのか。君島さんにも姉にも翻弄され続けるな。