読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

へたブロ~下手の考え休むに似たるのはてブロ~

なれのはて 過去感想は作品タイトルで検索してください

スポンサードリンク

獣旋バトル モンスーノ #23・24・25

SPIN GO!/同じ世界で
23話。俺達、特攻野郎破壊チーム!!
またしても親父を巡って今度は空中決戦。飛行機は乗れば落ちる!!
今回はいつにも増してセリフの掛け合いのシュールさと、それがそのまま見事に伏線になってる展開の妙に感心させられたなー。
チキン野郎扱いされたノアがノリノリになって飛行機を操縦した挙句に墜落させるクライマックスは、敵が何もしてないのに緊張感抜群で無茶苦茶面白かった。
しかしこいつらのチーム名問題は、マジで「破壊チーム」以上のネーミング考えられないよね。


24話。怪物と化したジョン・エースを情け容赦なく退けたものの、隙をつかれてまた親父が捕まる!!
いい加減にしろよ親父ーっ!!
また単独行動したところを狙われてるしさぁ・・・学習能力ないのかよこの人。
本作屈指の不幸キャラ、ジョン・エースさんはモンスター化がデザインからしてまったく救われる要素なくて同情。
しかもチェイス達はあれだけ世話になったエースさんに対してあんまり戸惑いもせずに攻撃しかける始末。
連携攻撃を決めて普通に「イェーイやったぜ!!」とか言ってたのには、人の優しさを持たないこいつらこそモンスターだと思いました。


25話。ハゲに鎖で監禁調教されてる親父を救う為、かつてのライバル達が手を組んだ!!
とりあえず、親父がSM調教みたいな縛られ方しているのが出オチにも程があってヒドい。
敵に救援を求める展開は燃える要素ではあったけど、ジョーカーはこの前のTVジャック騒動がまるでフォローされていなくて気になった。
あのTVでの真実暴露の効果について説明あったっけ? 世間はそれでもわりと平和なの?
図書館のマスクの人が再登場してきたのにもびっくりした。
宇宙人っぽい人は黒幕ポジションで見守っているが、そのわりには思い通りの話が進んでないみたいでまったく裏から支配している感じしないなー。
どうも全員が好き勝手に動き回り過ぎてて、誰にも事態が制御出来なくなっている模様。これ話まとまるのか?