読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

へたブロ~下手の考え休むに似たるのはてブロ~

なれのはて 過去感想は作品タイトルで検索してください

スポンサードリンク

AMNESIA #10・11・12(終)

AMNESIA 第2巻(ファンイベント先行抽選券封入 初回限定版) [Blu-ray]TVアニメ AMNESIA ドラマCD ~ひとつ隣のアムネシア~
AMNESIA CROWD キャラクターCD シン&トーマ
AMNESIA CROWD キャラクターCD イッキ&ケント
10話。監禁王子トーマさん編の決着と、変態殺人鬼ウキョウ襲来。
トーマさん、あれだけやらかしたのに日記で主人公の本心知ったらすっかり仲直りってありえないのを通り越して気持ち悪い!!
何でこの流れで、昔から好き合ってたんだね良かったね的なハッピーエンド感覚に浸れるのこの人達・・・!?
むしろ今回の事件でトーマの本性が知れて、主人公は昔からの恋心を見直すべきなんじゃなかろーか?
これでこの主人公がまた世界線移動したことで監禁の事実が有耶無耶になるんだとしたら、この世界の問題は何一つ解決していない気がする。
後半のウキョウさんも二重人格らしいけど、それにしてもサイコキラーそのもので笑った。
このアニメの本質は主人公への虐待・虐殺を楽しむリョナ要素なのではないか。


11話。ウキョウさんの予言に従いAnotherなら死んでたを連続回避する話。
昔、自分が落ちて死んだらしい井戸の話を唐突に始めるウキョウさんも大概おかしかったが、何やかんやでその井戸に引き寄せられていってしまう主人公のドジっ娘ぶりも凄まじかった。
あれだけ危機が迫っていながら、ウキョウさんを放っておけないと嵐の中に飛び出していく主人公は果たしてマジ天使なのかマジ無能なのか・・・!!
妖精もいい加減、役に立たなさが極まってきたが残り一話でどれだけ巻き返せるのだろうか・・・。


12話。全ては妖精の上司の仕事が適当だったせいだったんだよ!! な、何だってー!?・・・な、最終回。
ニール様とやらはあれか、精霊会議とか主催している人か。
超常の存在が何か余計なことしたせいで色々こじれて大変なことになるのはお約束だが、それにしても凄いブン投げた終らせ方してきたなー。
デウスエクスマキナってこういうのを言うんだなと、久々に思い知らされた・・・。
あとウキョウさんの、主人公を救いたかったのにそうすると代わりに自分が死んじゃうんで発狂して主人公を殺すようになったという、本末転倒にも程がある事情には驚愕した。
シュタゲでオカリンがフラグ管理の為にまゆり見殺しにしていたのとはレベルの違う駄目さ加減だ・・・!!
梨花やオカリンのような鋼の意思を持たないそこらのイケメンが安易にループものに挑むと、あっさり精神崩壊するという良い見本だな。
最終回については超展開と説明の羅列でお世辞にもスマートとは言えないものだったが、この作品らしい妙な面白さは全開でそれなりに満足。
全体的にも、耽美系ミステリーかと思わせといて転がる石のように変態的な方向に突き抜けていくドライヴ感はなかなか貴重な体験だった。
監禁王子はこういうキャラが女性向け恋愛ゲーで受け入れられているということ自体が衝撃だし、勉強になったなぁ。
ヤンデレ好きに、もはや男女の区別はないのか・・・。
決して傑作ではないが、怪作として記憶に残る作品になったのではないかと思う。
スタッフの皆様、お疲れ様でした。