読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

へたブロ~下手の考え休むに似たるのはてブロ~

なれのはて 過去感想は作品タイトルで検索してください

スポンサードリンク

ささみさん@がんばらない #12(終)

ささみさん@がんばらない 2(完全生産限定版) [Blu-ray]ささみさん@がんばらない 3(完全生産限定版) [Blu-ray]
ささみさんはずっと中の人だった!!・・・とか何とかでお嬢編決着の最終回。
タマの中にささみさんがずっとスタンバってたという数話の伏線を回収する大仕掛けは、SF的には面白かったが話の流れにはそんなにインパクト作れてなかったかな。
ただ、クライマックスに至って一気にスケールが拡大するラストバトルらしい雰囲気は悪くなかったと思う。
お嬢とささみさんの百合決着も大体期待していたところに落ち着いたし。
しかし、やっぱりささみさんの背負ったテーマはすでに語り終えているので、友達作りの側面があったにしてもお嬢編は蛇足感あったことは否めない。
そこでサービス大増量していたんだろうけど、何か歪な構成だったなぁ・・・。
全体的には、いわゆる「実験作モード」のシャフトアニメで、特にアクション作画については今までのシャフトにはない情熱が感じられた。
一方で演出というか語り口が固まってない様子があって、どうも観てて座り心地の悪さが最後まで抜けなかったな。
声優陣では、阿澄佳奈の安定度には毎回のように感心。
阿澄佳奈って声質も演技パターンも特別多くない・・・どころかワンパターンなくらいなのに、主演するとどんな作品にも違和感なくハマるのが恐ろしい。
あとはやはり、大塚芳忠の起用法が卑怯だった・・・!!
スタッフの皆様、お疲れ様でした。