読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

へたブロ~下手の考え休むに似たるのはてブロ~

なれのはて 過去感想は作品タイトルで検索してください

スポンサードリンク

絶園のテンペスト #24(終)

絶園のテンペスト 4(完全生産限定版) [Blu-ray]絶園のテンペスト 5(完全生産限定版) [Blu-ray]
正義の味方、左門仮面と羽村の超必殺絶園ソードが世界を救い、端役二人が新たな道を歩き出す最終回。
ラストバトルは派手さもさることながら、左門さんのコスプレが面白過ぎてそれだけで決着していた印象。
最終回での謎の紅しょうがプッシュといい、最後まで左門さんは素晴らしい道化役だった。
羽村も完全に主役としての大活躍で、恋人と再会するラストまで含めその物語は美しくまとまっていたな。
その一方で、吉野と真広。・・・最後の最後まで女に振り回される人生で、気の毒ではあったが実に二人らしい終わり方。
愛花の死という動かしがたい悲劇についても、まさかのエロビデオレターオチで喜劇に変えてみせたのは見事。
結局、この物語も世界の危機も何もかも、二人の少年が惚れた女の思い出を吹っ切るまでの通過儀礼だったってことか・・・!!
全体としても、前半の悲劇から後半の喜劇へと切り替わるその仕掛けが極めて巧妙で、また今時そんなことに2クール費やす度胸も凄まじかった。
前半のハードでミリタリーな雰囲気も好きだったけど、左門さんがおかしくなってからの怒涛の展開にはすっかり魅了されてしまった。
左門さんに代表されるように、キャラもストーリーも全てが「ギャップ萌え」だったからなー。
エヴァンジェリン無職さんなんて初回は悪役みたいだったのにアレ結局何だったんだよ!?
また、作画演出も声優もそういった両極端に振れる内容に対応する達者さが良く出ていて、そこも見応えあったな。
花澤香菜は魔性な方が可愛い、沢城みゆきは純情な方が可愛い、意外と新発見・・・。
恐らくは原作が意図していた企画性を、十全に理解し実現させた技ありなアニメだった。
スタッフの皆様、お疲れ様でした。