読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

へたブロ~下手の考え休むに似たるのはてブロ~

なれのはて 過去感想は作品タイトルで検索してください

スポンサードリンク

イクシオンサーガDT #25(終)

イクシオン サーガ DT 7 [Blu-ray]
戦争を阻止しマリアンのタマをEDに移植して、DTが現実世界に帰還する大団円な最終回。
いや本当に、ヒドいことだらけだったのに何でこんな美しく爽やかにまとまってんだよ!?
現実に戻ったDTが「夢だけど夢じゃなかった!!」みたいな感慨を持って席を立つエンディングの感動たるや、「魔神英雄伝ワタル」や「NG騎士ラムネ&40」レベルに胸が熱くなったぞ!!
そういう意味で、異世界召喚冒険ものの本当に王道中の王道で終わったってことなんだろうなー。
最近のちょっとヒネた中二病な異世界召喚ものではなく、子どもの純粋な夢としての異世界冒険譚。そうか、だから主人公はDTでなきゃいけなかったんだ・・・!!
また最終決戦も、舌先三寸で戦争を回避させてしまうDTの非凡さが改めてクローズアップされていて魅力的だったな。
DTが真の英雄であることの意味を堂々と謳いあげていたことに感心。
で、そこまで王道やられるとEDのタマ移植ですらもハッピーエンドで奇跡が起こるお約束みたいに感じられるから不思議だ。
あとオマケで成長したヒメと結ばれる可能性を示して終わるのも、キャラ愛が貫かれていて良かった。
あんなご褒美が待っているならDTを守り続けるのも悪くない。そう信じてネトゲ廃人を続けよう・・・。
ただ、ラストが素晴らしかったとはいえ全体としてはこのネタで2クールやるのはいくら何でも無謀で中だるみは激しかった。
2クール目入ってからのグダグダさ加減は、それを楽しむのが正しいにしてもさすがに空気がヌルくなり過ぎていたように思う。
こういうタイプの作品の場合、どこかにギリギリを攻めている緊張感がないと楽屋オチみたいになってしまうのが難しいところ。
まあ、この企画自体がギリギリなんだからそれ以上攻めてどうすんだというのもありますが・・・。
声優陣だと、やはり江口拓也のはっちゃけたノリが作品を牽引していて面白かった。
これだけ芸達者な声優が揃っているなかで、江口拓也が主役らしい抜群の存在感を発揮していたのは凄い。
スタッフの皆様、お疲れ様でした。