読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

へたブロ~下手の考え休むに似たるのはてブロ~

なれのはて 過去感想は作品タイトルで検索してください

スポンサードリンク

(新)DD北斗の拳 #1〜5

北斗の拳30周年記念 TVアニメ「DD北斗の拳」第1巻 [DVD]シフトと時給と、ついでに愛をとりもどせ! !
北斗の拳」のデフォルメキャラを使ったパロディギャグ作品のアニメ化。
監督:大地丙太郎、キャラデザ&総作監:関根昌之、制作:亜細亜堂
作品コンセプトからしていかにもフラッシュアニメでやれよって感じなのだが、元々がフラッシュアニメで連載はそのコミカライズという流れだったらしい。
ちなみに原作作画担当のカジオはジャンプで「タトゥーハーツ」連載していた加治佐修とのこと。懐かしい。
本編は世紀末に核戦争が起こらなかったのでそのままコンビニバイトで生活するようになった北斗三兄弟を中心に描くドタバタギャグ。
とはいえ、ギャグの中心はあくまで「北斗の拳」のパロディなので原作知識がないとなかなか楽しめない。
他の大地丙太郎アニメと比べるとテンポの悪さやネタ密度の薄さも気になって、どうも借り物の服で身動き出来なくなってる感がある。
そもそも、何でこれで三十分やろうと思ったのかが疑問。五分アニメなら充分勝負になっただろうに・・・!!
ただ声優陣は豪華で、本家の神谷明リュウケン役やってるだけでも結構嬉しい。
三兄弟だとゲームの「北斗無双」でもトキやってる関智一が、もはや原作トキとは完全に別人な独自のキャラ確立していて面白いな。
あと、ユリアだったりマミヤだったりする堀江由衣の意外な芸達者さも見どころ。
内容に関しては話数が進むごとに北斗パロと独自路線のバランスが改善されてきているので、まだ立て直しは可能だと思う。
ところで現状OPとEDが何だかんだで一番面白いんだけど、最初「ギャグに挑戦、原哲夫」だった歌詞がいつの間にか「ギャグに挑戦、北斗の拳」に変わったのは何で!?
EDもいつまで雑魚編なんだよ、21世紀になって野猿牙殺拳ってフレーズをこんな繰り返し聞くことになろうとは・・・。