読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

へたブロ~下手の考え休むに似たるのはてブロ~

なれのはて 過去感想は作品タイトルで検索してください

スポンサードリンク

百花繚乱サムライブライド #4・5・6・7

百花繚乱 サムライブライド 第一巻 [Blu-ray]百花繚乱 サムライブライド 第二巻 [Blu-ray]
TVアニメ 百花繚乱 サムライブライド オリジナルサウンドトラック
4話。柳生義仙が復活しサムライブライドのタイトルの意味が明らかに。
ぎったん、第一期で生死不明だったような記憶があったんだけど、ごく普通に出てきたなー。
相変わらず他のキャラとは一線を画する肉食系の色気が良い感じ。
他のキャラはラブコメサービスなのに、ぎったんだけ濡れ場としか表現しようのない空気を生み出すな・・・。
仲間入りしても馴れ合わず、なポジションも色々おいしそうで期待。


5話。メイド喫茶対抗水着対決。
作監りんしん&宇都木勇で、普段よりもアクションも女体作画も充実した内容。
水着なのにいつもよりむしろ露出度下がってるのが残念だったものの、ボディラインのエロさはさすがだった。特に千姫。
ギャグ展開も、ぐつぐつさんが便利キャラ過ぎてズルい・・・!!
ただ、ぐつぐつさんがあまりにも何でも出来るんで他のサブキャラの影がどんどん薄くなってる気がするなぁ。
又兵衛さんがすっかり解説役になってしまった・・・。


6話。天下御免の傾奇者、前田慶次がぐつぐつさんに化けて十兵衛達を鍛える話。
前田慶次は「戦国コレクション」でもバイク乗りの巨乳キャラだったが、大体そんなイメージなのか。
しかし豪快な姉御キャラなのに声が能登麻美子なのは意外だった。合ってるとも言いがたいのだが、その合ってなさが妙に癖になる感じ。
偽ぐつぐつさんの行動も、ドリフ的なコントの構図がシンプルで結構面白かった。
あと今回の風呂シーンでの戦姫の股間隠しは、逆に痴女度が上がってたと思う。


7話。十兵衛がシリアスモードのまま元に戻らなくなる話。
第一期の頃も驚かされたが、相変わらず悠木碧のシリアス十兵衛演技は同一人物とは思えない・・・!!
今回シリアスのままで日常芝居をする形にもなっていたので、余計に普段とのギャップが際立っていた。
武蔵組の強襲に前田慶次が一人立ち向かう展開もなかなか熱かったが、あれ又兵衛さんと半蔵は何やってたんだよ?
二人で門番してないでどっちか助けにいってやればいいのに。今期本当にこの二人は不遇だなぁ。