読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

へたブロ~下手の考え休むに似たるのはてブロ~

なれのはて 過去感想は作品タイトルで検索してください

スポンサードリンク

フォトカノ #5・6・7・8

木曜アニメ

フォトカノ ZOOM 1 [PS Vita「フォトカノ Kiss」用 スペシャルDLC「花水着 遙佳の桃色スイートピー」 「花水着 桃子のピンクピーチ」 /ED「スマイルF」TVアニメ「フォトカノ」オリジナルサウンドトラック
TVアニメ「フォトカノ」キャラクターソングアルバム THROUGH THE CAMERA
5話。個別ヒロインルート、新見さん編の前編。
「青春ラブコメ」の方と呼応するかのように、主人公がヒロインの好意にビビってヘタレる鬱展開。
とはいえ冷静に考えてこの主人公は盗撮魔のゲスなので、自分が新見さんに釣り合わないと判断するのは極めて妥当だよなー。
しかしそれを受けてヒッキー一直線になってしまう新見さんの極端さも何かがヤバい。
基本的に後編に向けての溜めの回ながら、今までと違う恋愛テイストの濃い作りの影に終始不穏さが蠢く感覚があった。


6話。ついに本性を現した新見さんルート後編。
水着姿で自分からおっぱいを揉ませる!! 電話をしながら股間をモジモジ!! エロ写真撮影も勿論ノリノリ!! この女、完全に痴女!!
予想以上に新見さんの愛が重くて、メンヘラ一歩手前な際どさに違う意味でドキドキしっぱなしでしたよ・・・!!
何で最初から主人公に好感度MAXなんだろうと不思議だったが、そもそもそういう属性のキャラだったわけね。
メインヒロインなのに攻略ルートが最初だったのも、先にこの本性を見せておかないとあとで差し障るからなのかな。・・・一体、何をやらかすんだこの人。
しかしエロ要素に関しては作画もシチュエーションも極まっていて完全にエロアニメの貫禄が出ていたなー。
電話で股間モジモジは、ついに伊藤かな恵能登麻美子や千葉妙子に匹敵する領域に突入してしまったのかと焦ったぞ。そして水樹奈々のようにDVDで抹消される的な。


7話。まさかの湯浅政明コンテ回で、実原ルート編。
色々と突っ込みたいことしかないのだが、マジでどういう経緯で湯浅政明が出てきた!?
作画に関してはさすがに基本は修正されていたが、そういう萌えキャラが湯浅コンテっぽい奇怪なアングルで動き続ける映像は異様なインパクトがあった。
写真部の連中や着ぐるみアクションは意外と合っててびっくりしたけど。
それと一人称視点で女の子を観ている感じのカットも、独特の色気があって面白かった。
実原さんのエピソード自体は、一話で完結させる都合上かなりの高速展開。
ただ、ヒロインの魅力が食い足りないというだけでスピード感そのものは演出として悪くなかったと思う。
クライマックスで今までの偽装がついに剥がれ落ちるように湯浅アニメなノリになる実原さんのトラウマ語りシーンも、その浮き具合が印象深かった。
しかし本当に「青春ラブコメ」と微妙なシンクロを繰り返すな・・・。


8話。脅され生徒会長、室戸先輩ルート編。
室戸先輩は四話までのプロローグで一番キャラの積み上げがされていただけに、一話で終わりなのは残念。
その伏線を資産として活かした本編の内容は、今までで一番ラブコメらしい盛り上がりがあったように思う。
この日は「刀語」の再放送が中原麻衣のお姉ちゃん回で「青春ラブコメ」も最後に中原麻衣のお姉ちゃんが全部持ってく話だっただけに、中原麻衣無双としても面白かったな。
特に二人で景色を眺めながら語り合うシーンは、中原麻衣の演技力・・・というか、語りパワーが溢れていて圧巻だった。
しかし前回もそうだけど別ヒロインルートだと新見さんの存在が抹消されかけていて逆に怖い。
今回ラストなんて、あの先輩の笑顔のあと新見さんが刺しにきそうな気がして仕方なかった。