読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

へたブロ~下手の考え休むに似たるのはてブロ~

なれのはて 過去感想は作品タイトルで検索してください

スポンサードリンク

進撃の巨人(2013春夏)

進撃の巨人 1 [初回特典:未発表漫画65P「進撃の巨人」0巻(作:諫山創)] [Blu-ray]自由への進撃 (通常盤/CD Only)「進撃の巨人ラジオ~梶と下野の進め!電波兵団~」 Vol.3「進撃の巨人ラジオ~梶と下野の進め!電波兵団~」 Vol.4

基礎情報

監督:荒木哲郎、シリーズ構成:小林靖子、キャラデザ:浅野恭司、巨人設定:千葉崇明
総作監浅野恭司門脇聡、美監:吉原俊一郎、音響:三間雅文、音楽:澤野弘之
制作:WIT STUDIO(参照サイトWikipedia


別冊少年マガジン創刊時から連載されカルト的人気を博していた原作:諫山創のマンガ作品のTVアニメ化。
このアニメ化によって原作もまた更なる爆発的ヒットとなりアニメ・原作ともに2013年を代表するタイトルとなる。
アニメ終了後も各方面との積極的コラボ企画、総集編劇場版の制作決定などで話題を継続中。
主題歌「紅蓮の弓矢/自由の翼」を歌ったLinked Horizonは「紅蓮の弓矢」で2013年紅白歌合戦に出場。

4話までの個別感想リンク

第1話〜第4話

本放送後ツイート(BS11火曜24:30)


進撃の巨人、初回終了。ワイヤーアクションが素晴らしくカッコいい。あの空中を自在に飛び回る表現は監督的にギルクラからの派生なのかな。作画もグロさも予想以上に王道TVアニメらしく再整理されていて、いろんな意味で惡の華との対比が興味深い。つーかエンドカードの絵はあっちにもってけ!


ところでガルガンティアの前半がヒロイックエイジみたいだなーと思ったのだが、エイジでヒロインだった石川由依が進撃のミカサなのね。


進撃の巨人、終了。ムキムキマッチョの巨人がダッシュしてきた瞬間の絶望感がたまらない!! しかし状況といい狂気の親父といい、この時点だと本当にロボットアニメから肝心のロボット抜いちゃったような感じだなー。一切希望が見えない。そして何故、EDが日笠!?


進撃の巨人、終了。原作とは構成変えてきたみたいだけど、仲間が増えて特訓しての流れは少年マンガっぽくて素直に熱い。……これが新たな絶望の前振りなのかも知れないが。しかし可愛い女キャラ大量増加したのに、全てミカサの美しさの引き立て役に過ぎない感じだ。正妻力が凄い。


進撃の巨人、終了。サシャの放屁よりも唐突に放たれる巨人の破壊!! 目視確認どころか物音もなくあんなの出てきたら勝てるわけねー。今回はギャグな日常が面白かっただけに、そこからの転調も見事に決まってた。あと、今期は一人旅団が多いの?


進撃の巨人、エレン編最終回終了!! この回、別マガ立ち読みした際に普通にエレンは釣り主人公でアルミンに主役移るんだと思った。それにしても立体機動のCGアクション素晴らしいな。ガルガンの空中ヨット描写ともいい競争になってるし、この枠は贅沢だ。


進撃の巨人、終了。奇行種よりもショタエレンの覚悟完了っぷりが怖い!! あの親父にどんな教育受けてきたのか、この僅かな描写でエレンの今までのイメージがひっくり返るのが面白い。しかも、死んだ、となった直後にこの「立て直し」とは……。


進撃の巨人、終了。ロボやウルトラマンなしで巨大な敵と戦う構図が凄いと絶賛されてたのに普通に巨大化して戦い出してみんな困惑!!……まあ、これはこれで適切な裏切り方ではあるよなー。しかし今回のミカサの描写は素晴らしかった。戦闘ヒロインに必要なものが全部ある。


進撃の巨人、終了。止め絵演出の多さが別の意味でギリギリの戦いだったことを物語る……!! 本当によく生き残ったな、別の意味で!! しかしエレン巨人は完全にコクピットに乗ってる形式に見えるんで、普通にスパロボ出れそうなんだよなー。変身だとしてもテッカマンブレードの前例あるし。


進撃の巨人、終了。一人旅団リヴァイ兵長、前評判の高さに応える優遇ぶり。これは女性ファンつきますわー。エレンの変身は親父に改造されて錬金術に目覚めたような混ぜ込ぜ感が面白い。敵がバケモノなのか人類なのかわからなくなる境界の揺れがガルガンと繋がってるのも興味深い。

10
進撃の巨人、終了。アルミン一世一代の演説に井上麻里奈が渾身の芝居で応える!! ジャイロゼッターでも感じるけど、井上麻里奈は少年役声優として急成長している印象。しかし今回も作画演出はかなり抑えめにしながらギリギリ手抜きにならないようにという綱渡りなスケジュール管理に見えたな。

11
進撃の巨人、終了。止め絵連発……かーらーのー、全身全霊込めた立体機動!! 何で極端に尖った作画リソース配分なんだ……!! しかし止め絵の部分も特殊効果と演説メインの内容で充分に映える出来だった。意外と出崎アニメ的なノリが似合う作品なのかも知れない。

12
進撃の巨人、終了。ミカサの声には反応しないのにアルミンで再起動するエレンって……。あらすじ長いし話は進まないのだが、各シーンがいちいちカッコいいのが困る。あと精鋭部隊と速攻喰われる先輩の差に、この美しき残酷な世界の真実を感じる。弱い奴は喰われるのが仕事!!

13
進撃の巨人、終了。あらすじ三分!! 時々止め絵!! それでも史上最高のカタルシス!!……で、勝っても鬱。岩運んで穴を塞ぐだけでこのテンションは本当に凄い。凄いけど、結局人類駄目そうなのがまた恐ろしい。兵長がエレンに目を付ける際の狩人の視線には笑った。

13.5
進撃の巨人、総集編終了。あの第一話の冒頭にループする構成って、こんなところで使っていいのか? 何か原作には遠大な計画があるんじゃないの? しかしAパートの立体機動作画がどれも凄まじいのに対して、Bパートのすっ飛ばしぶりの落差がまた凄い。

14
進撃の巨人、終了。新OP、クレジットが立体機動してるのかこれ!! これも第二OPでの方向性がロボットアニメ的だなー。本編は兵長の公開ガチムチリンチ教育。ああ、これはエロいわ……!! 俺に投資しろって叫びは非常に現代的。

15
進撃の巨人、終了。お掃除へいちょーと変態の錬金術師。朴ロミの本当にイッちゃってるだけなのか深い探求心の為せる技なのかギリギリ攻めて踏み外してる感じの芝居は素晴らしい。ギャグ演出のキレもよかったなー。ホラーとギャグのセンスは本質的には同じもの。

16
進撃の巨人、終了。ジャンの主人公っぷりが半端ない!! こういう怯えを抱えたまま頑張る等身大のキャラには弱い……。死亡率三割、四年でほとんど死ぬという作戦の解説も、実は実際の戦争において珍しい感覚でもないんだよなぁ。この戦争感覚のリアリティは近年の日本の作品ではやはり希有だと思う。

17
進撃の巨人、終了。巨女萌えと筋肉女萌えを同時に満たす最強萌えキャラ登場!! あれ、これ本気で性的なイメージ入ってないか? 巨女の股関を見上げながら踏み潰されたい願望とか、鷲掴みにされて擦り殺されたい願望とかある人いそうだよな!! 女性アスリートっぽい走りもよかったなー。

18
進撃の巨人、終了。人間をぐるぐる回す女型巨人の仕草が可愛い。今までにないくらいの虐殺三昧なのに、不思議な快感が突き抜けていく!! 極限状態でもギャグを忘れないノリも楽しいなー。

19
進撃の巨人、終了。スプーンを拾おうとしたら仲間に殺されかけました。調査兵団の冷徹なだけでも有能なだけでもない、人間臭さ溢れる見せ方は魅力的。しかし何でこの回のエンドカードで結婚ハーレム!?

20
進撃の巨人、終了。大切なものを捨てる覚悟とかしても、別に巨人には勝てませんからー!! 苛烈な決断に次ぐ決断を嘲笑う現実の恐ろしさ。リヴァイ班の皆さんの軽口がもう戦争映画のアレな展開しか予感させない。あと緊縛した全裸女型を罵る兵長はドS調教師にしか見えない。

21
進撃の巨人、終了。人類最精鋭リヴァイ班<巨人化エレン<<<ヤンギレたミカサ。冒頭三分、あらすじで繋いだに見合う素晴らしいクオリティ。特に巨人格闘戦のバーリトゥードな感覚は見事だった……が、あの、何か次回予告に次回の作画が一切ないんですけど、まさかすでに全滅ーー。

22
進撃の巨人、終了。もうやめて、調査兵団(と視聴者)のライフはゼロよ……。遺体捨てることになる駄目押しオリジナル展開は、文字通りの死体蹴り。ペトラパパはあれ、さすがに娘がいないのわかってて言ってるんだろうけど、それがはっきり伝わらない描写が重い。

23
進撃の巨人、終了。兄だから。あらすじがなかったのは、会話劇でアクションシーン以上の緊張感を生み出せる回だったからか。クライマックスの正体判明はアニとミカサの女の怖さに男二人が付いていけてない感じがまた面白かった。アニのあの色気は強さだよなぁ……。

24
進撃の巨人、終了。人類存亡の瀬戸際、仲間との絆と使命の狭間で揺れる極限の状況下で一人別方向にヤンデレてるミカサが最強な世界は残酷過ぎる!! 立体機動の集大成アクションも最高だったけど、今回のエレンの変身シーンはヒーローものとして理想的な出来で大興奮。マジでウルトラデビルマンだ!!

25
進撃の巨人、最終回終了。俺達の進撃はこれからだ!! とはいえ、びっくりするほど最終回らしいエピローグにはなっていて改めてスタッフの構成能力の高さを感じたなぁ。最初の配給オリネタに繋げるとは。巨人戦も死と破壊の快感をストレートに打ち出す怪獣映画の遺伝子をより明確化させていて痺れた。


オマケ(紅白出場後)
紅白、進撃&ヴヴヴ組出番終了。音量を駆逐してやる!! あれは声量の問題よりも、バックコーラスだの何だの仕込み過ぎて設定ミスっただろ……。しかし紅白でがっつりアニメ映像流したうえに「豚よ」まで出したのは驚いた。水樹TMのパフォーマンスは大安定。二期OPはライブ向きだったんだなー。

追記

結局、半年放置。ツイッターのログをダウンロードしたもののタイトル検索で何故か時系列順に並ばず、どのツイートが何話のものだかわからないという自業自得にしても情けない問題が発生して途方に暮れてた。
で、最近試しにもう一度ダウンロードし直したらちゃんと時系列に並ぶようになってたんで何かのミスか勘違いだった模様・・・。
ツイートまとめについてはまだ方向性が見えていないので形式は変わるかと思います。
取り上げる作品にしても、溜まっているものを全部古い順に上げていくといつ終わるんだか先が見えないので、とりあえず自分がまとめておきたいものから優先して上げていく予定。
・・・どうせまたすぐに更新止まりそうだし、もうここ見ている人も少ないだろうから気楽にやる。忘れてたけどその為にブログタイトル変えたわけで。