読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

へたブロ~下手の考え休むに似たるのはてブロ~

なれのはて 過去感想は作品タイトルで検索してください

スポンサードリンク

きんいろモザイク (2013夏)

きんいろモザイク Vol.1 [Blu-ray]

基礎情報

監督:天衝、シリーズ構成:綾奈ゆにこ、キャラデザ:植田和幸
総作監:植田和幸&二宮壮史、美術監督:柴田千佳子
音響監督:明田川仁、音楽:川田瑠夏
制作:Studio五組 (参照サイトWikipedia、演出@wiki、監督公式サイト)


まんがタイムきららMAX連載、四コマ原作のTVアニメ化。
すでに一大ジャンルと化したきらら系だが「きららMAX」作品のアニメ化は「かなめも」以来。
監督の天衝は旧名・田中基樹。旧名時代は主にアニメーターとして活躍しTVシリーズは初監督。また、綾奈ゆにこはこれが「電波女と青春男」以来、二作目のシリーズ構成。メインキャラを演じた西明日香田中真奈美はともに初主演。
2014年、TVアニメ第二期の制作が正式発表された。

本放送後ツイート(BS11木曜24:00)


きんいろモザイク、初回終了。イギリスのシーンは何となく名劇っぽい雰囲気でよかった。本編は普通に日常ゆるふわでいくのかな。クセはなさそうだがクオリティは安定しそう。ところで監督は月牙になるの?


きんいろモザイク、終了。初回がイレギュラーな内容だったので今回の日常ゆるふわコメディ路線が本当の意味でのスタートかな。意外とギャグのキレがいいのは嬉しい誤算。たまにあいまいみーみたいな顔するし。


きんいろモザイク、終了。これ真性の金髪フェチアニメだったのか……!! カレンはまた東山奈緒が一番人気キャラをかっさらっていくタイプか。あと、しの部と聞いて、たまゆらのぽって部との果てしない部活闘争の始まりを予感した。


きんいろモザイク、終了。直前まで雨でBS乱れまくってたのに始まった途端に安定。BS11は神か。本編は本格的がちゆりアニメに突入!! 明るくやりつつも中身は相当に粘度の高い百合アニメになってきていて、初回の名劇チックな爽やかがすでに懐かしい……。


きんいろモザイク、終了。最初の先生をお母さんと呼ぶネタで、ゆゆ式のことしか考えられないゆゆしき事態に……!!
(補足。ゆゆ式とは同じきらら系として公式にコラボしていたりする)


きんいろモザイク、終了。ヤマノユユシキ。今回はギャグと百合ネタと日常要素の組み合わせが絶妙だった。外国人の視点を入れることで日本の日常の輝きを再発見する……的なテーマも押し付けがましくなく発揮されていて、全体にバランスよくなってきているのを感じる。


きんいろモザイク、終了。とりあえずあのクラスのリア充カップルは駆逐されろ!! テスト勉強会だけど、あくまでコメディ一本で攻めているのが結構凄い。日常まったり系からどんどんご近所ドタバタ系にシフトしてるなぁ。


マジェプリ見逃してきんいろモザイク、終了。学園祭でキルミーダンスみたいなの披露してたクラスは一体!? あのシーンだけ妙にいい動きしてたし謎だ……。あと下地が青いスタンダードな萌えメイド服を久し振りに見た気がする。えっちなのはいけないと思う人もいたし。


きんいろモザイク、終了。今回はあやや萌え爆発で素晴らしかった……と、EDで余韻に浸ろうとしたらまだ二十分も経ってなかった衝撃!! この作品の時間感覚の乱れは他と比べても不思議なんだよなぁ、早くなったり遅くなったり一定しない。演出構成だけの効果ではない気がする。

10
きんいろモザイク、終了。メガネ先生のせいで生徒達の愛あるサプライズパーティーを邪魔された担任の人が気の毒でならない!! 基本的には先生回だったのだろうが、あややの百合っぷりがいよいよ極まってきたのも面白かった。

11
きんいろモザイク、終了。アリスの深層意識下で完全にこけしはクズ!! 一体、日常生活のなかでどんだけアリスに不安の種を植え付けてるんだよあのこけしは……!! ところで最近の日常系と比べると、卒業式が出てきてもまだまだ余裕がある様子には安心するな。ラス前なのに終わる気しない。

12
きんいろモザイク、最終回終了。随分あっさり終わったと思ったら中二病ミュージカルに最終回が乗っ取られた!? 謎最終回ではあったけど、声優陣のミュージカル芝居は結構よかったなー。初回と最終回だけ通常と違うスペシャル仕様なのも実は一貫性あるのかも。

追記

タイトル通り、日常ゆるふわの中でも特に綺羅びやかで華のある絵作り、方向性を模索した作品。
初回の名作劇場から最終回のミュージカルまで、時折奇抜なことを挟みながらも安定してハイアベレージを叩き出す「可愛い」には一芸を極めることへの凄味すらあった。
まあ、それだけ一片の汚れもないような画面を作っても突如ブレイクした声優の個性がぶち壊しにすることもあるわけですが。