読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

へたブロ~下手の考え休むに似たるのはてブロ~

なれのはて 過去感想は作品タイトルで検索してください

スポンサードリンク

戦姫絶唱シンフォギアG (2013夏)

戦姫絶唱シンフォギアG 1(期間限定版) [Blu-ray]

基礎情報

原作:上松範康金子彰史、監督:小野勝巳、シリーズ構成・脚本:金子彰史
キャラ原案:吉井ダン、キャラデザ・総作監:藤本さとる、美術監督:西村隆
音響監督:本山哲、音楽:Elements Garden
制作:サテライト (参照サイトWikipedia


音楽プロデューサー上松範康が企画原作を立ち上げたオリジナルアニメプロジェクトの第二期。
監督が第一期の伊藤達文から小野勝巳に変わっているが主だったスタッフは第一期から継続参加。キャラデザも小池智史から藤本さとるに変更されたが、藤本さとるは元々小池智史と共に第一期で総作監を務めていた為、極端な絵柄の変化はない。(クリスなど第一期と比較して思いっきり萌えテイストに流れたキャラはいるが、これはキャラデザよりも脚本の問題と思われる)
音楽とアクションの融合を掲げた第一期に引き続き、劇中歌は基本的に別音源ではなくアフレコ現場での声優の生歌が使用されている。
2013年末、第三期の制作が発表された。

本放送後ツイート(BS11金曜23:30)


シンフォギアG、初回終了。ここ最近、日笠陽子の歌ばっかり聞いてる気がする。まさか水樹奈々と並ぶ扱いにまでなるとはなぁ。作画は一期からパワーアップしているが、独特のやり過ぎ感はむしろ減った印象。よくも悪くも正統進化で意外性が弱いので、もっとやらかしてくれることに期待。


シンフォギアG、終了。絶唱!!(物理で殴る) 3VS3のバトルはゲーム的な演出が決まってて、一期ほどネタっぽくなくカッコよかった。合唱で絶唱も一瞬アテナエクスクラメーションかと思った。しかしキャラの感情ラインだけ相変わらず唐突で戸惑う。


シンフォギアG、終了。人の身に杉田。クリスの変身バンクがあざとい仕様になってて笑った。すっかり萌え担当はクリスなんだな。そして、友達できてもカッコつけても最後は結局失敗する翼さんに安心した。


シンフォギアG、終了。前半のバトル作画演出が珠玉の出来。クリス萌えEDの最中に絵コンテ若林あつしと出て、まさかこの萌えパートまでそうなのかと思ったらEDだけ沼田誠也だった。何という贅沢な組み合わせを……!! あと第一期の頃に先見の明で揃えた歌えるモブ友達組の歌唱あれだけ!?


シンフォギアG、終了。響の王の力がマミったあああぁ!! 二期は主人公の影が薄いと心配していたが、まさかの片腕失うド根性展開。これはもう再生するよりは義手になるか片腕のままで戦って欲しいなー。堀江由衣の絶唱もいい顔だった。しかし月の落下って、普通にお前らが情報リークしろよ。


シンフォギアG、終了。二度と立花を戦わせない、防人として!!→やっぱり駄目だったよ……。うん、翼さんの言うことだからわかってた。あっさり腕生えた時にはがっかりしたけど、響が完全に仮面ライダー的な破滅を抱えたヒーローになってきて燃えるなー。あと杉田が色々とおかしい。


シンフォギアG、終了。誰よりも遅刻してきたうえにカッコいいバイク変身で水ぶっかけるだけの防人さんさすがです!! また守れなかったは完全にネタで言ってるだろ。杉田博士の絶好調も含めて敵側のドラマもようやく興味深くなってきたな。日笠は所詮、茅野の前座……!!


シンフォギアG、終了。また誰もが誰も守れない……!! 響とマリアが逆方向に覚悟完了する対比の構図が、どうも話の流れのなかで強引で引っかかった。何でスカイタワーで秘密の取引してんだよ。事態の悪化も情報隠蔽の問題よりも全てはBBAの計画の粗雑さと杉田が狂ってるせいにしか見えないし。


シンフォギアG、終了。シリアスに盛り上がりまくっているはずなのに、唐突なジャッキー特訓のせいで全部ギャグに見える!! つーか響は死にかけなのに何で特訓はオッケーなんだよ!! ラスボスさんといい、このアニメの死亡フラグって何なんだろう……。

10
シンフォギアG、終了。緒川さん登場シーンでテーレーテーレー(経験値泥棒)が聞こえた……。今回はグラハムみたいな杉田とか勇者王みたいな響とかセリフの熱さがよかった。ただ親友対決は被害の大きさと未来の状態があまりに取り返しつかなくて素直に盛り上がれなかったなぁ。ヒキはまた秀逸。

11
シンフォギアG、終了。みくさんの脳に穴があいていた気がしたがそんなことはなかったぜ!! 杉田のセリフ全てがアドリブにしか聞こえないのだが、流れには合ってるしどこまで計算された脚本なのか謎。太もも強調な熱いバトルも本質的には脳筋だらけなせいで同士討ちしてるだけなわけで……!!

12
シンフォギアG、終了。歌で世界は救えない……けど、全裸生中継で人類の心は一つになれるんだ!! 展開自体は突っ込みどころしかないのに、無駄な熱さとあざといエロさで押し通すこのノリこそシンフォギア……!! しかし切ちゃんとマリアの道化ぶりは本当にヒドいなー。クリスは先輩に救われたか。

13
シンフォギアG、最終回終了。ヘルアンドヘブン!! そして地球は勇気ある者とミクさんの投げ槍能力によって救われたのだ!! 歌パワーあんまり関係ねえ!! ひたすら変身と変形ギミック詰め込んで、趣味的な燃えシチュ映像に邁進する作りは正しいオタアニメ最終回って感じだったな。三期あるのか?

追記

数々の仕掛けと怒涛のアクション&超展開で冷笑混じりの突っ込みなど許さず駆け抜けた第一期と比べると、第二期は途中の足踏みが長くどうしても「ただの」ネタアニメ化を免れなかった印象。といっても、忍者の水上走りだの杉田&喜久子劇場だのネタの濃さ自体は増していたので、それはそれで楽しかったのだが。
アニメーター、声優、音楽家といったクリエイター陣の才能に懸けて、その実力を最大限に引き出す展開・演出をしていたのは間違いないのだが、第一期でギリギリ保たれていたバランスが崩壊気味だったのは惜しかった。