読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

へたブロ~下手の考え休むに似たるのはてブロ~

なれのはて 過去感想は作品タイトルで検索してください

スポンサードリンク

アラタカンガタリ〜革神語〜 (2013春)

ツイートまとめ

アラタカンガタリ~革神語~ 1 (完全生産限定版) [Blu-ray]

基礎情報

監督:安田賢司、チーフディレクター:Park Woo Hyun、シリーズ構成:関島眞頼
キャラデザ:相澤伽月&Kim DoYeon、美術監督・背景デザイン:Lee Seo Gu
音響監督:高橋剛、音楽:大谷幸
制作:サテライト&JM ANIMATION (参照サイトWikipedia


ふしぎ遊戯」の渡瀬悠宇による少年サンデー連載作のTVアニメ化。
本作は題材に記紀神話を使用しているが、制作はサテライトと韓国のスタジオであるJM ANIMATIONによる共同で行われている。特に絵コンテは全て韓国側のスタッフによるもの。

個別感想リンク

第1話〜第4話

本放送後ツイート(テレビ東京月曜26:05)


アラタカンガタリ、初回終了。冒頭のイジメ描写が軽い……というか、全体に演出が薄味で異世界召喚系のファンタジックさが弱いかな。日韓合作体制の不安が早くも出ている印象。あとEDが完全にアーッなんですけど、コトハのサービス夕方のムシブギョーに負けたりしないだろーな!?


アラタカンガタリ終了。初回に続いて、決して悪くないんだけど粘りとかメリハリに欠ける印象を受けるなぁ。全てのシーンがするっと流れ過ぎというか。もっと見せ場を押し出す演出が欲しい。それとスフィアのOPがスフィアっぽくない歌でちょっと驚いた。


アラタカンガタリ終了。この時点での風呂サービスが革だけなのは原作通りだったっけ? 初期はまだ少女マンガ的というか、主人公の葛藤に寄り添って進めるドラマ重視なんで設定の持つ性能に対してエンジンかかってこない感触ある。


アラタカンガタリ、終了。今回はBGMと声優の盛り上げがなかなかよくて面白かった。作画も日本スタッフメインで今までよりはよかった感じだけど、アクションで魅せるほどでもないかなぁ。


アラタカンガタリ、終了。中盤のギャグは面白かった。やっぱり日本サイドが出てくると盛り上がる。けど今回は今までにも増して作画っつーかキャラデザの不安定さが凄かった……。向こうの作監の個性としても革の顔バランスくらい統一して欲しい。


アラタカンガタリ、終了。やっぱりカンナギ様がヘタレてからがこの作品の本番だな!! 現代編でのヒキも燃える。しかし、原作通りだったと思うけど容赦なく妊婦殺したのには驚いてしまった。


アラタカンガタリ、終了。カンナギ様、わりと唐突な仲間入り。若い頃に早見沙織キャラに死なれるとフリット化するといういい例にも見える。少し展開早いけど、現代編が本編みたいなものだからそっちが進むのは歓迎だな。


アラタカンガタリ、終了。何で門脇がここにアーッ!! 予告わざとやってんのか!? ともかく門脇が本格参戦する流れはやっぱり燃える。理不尽なヤンギレ具合もいい感じだ。しかしすぐに話が門脇に移っちゃったんで、カンナギ様萌え成分が中途半端な気が。


アラタカンガタリ、終了。あれ、アニメで鬼化の説明してたっけ……? やっぱ所々で話が飛び気味になるなぁ。カンナギ様がCMを境に突如オモシロキャラになったのは逆によかったが。あとアニメだと門脇のセリフが全て怪しく聞こえてアーッ!! 木村良平、いつの間にこれほどのヤンホモオーラを!?

10
アラタカンガタリ、終了。あれ、原作だとこの辺で凄いサービス展開なかったっけ……? 何か構成が切り詰められ過ぎていて、原作だとどうだったのかイメージが全然繋がらなくなってきてるなぁ。コトハの洗濯コスは結構よかったが。

11
アラタカンガタリ、終了。マザコンと戦ってたらヤンホモが降ってきて、マザコンがデレたらまた濡れ濡れのヤンホモ出現!! このアニメは門脇が原作五割増しでブチキレキャラ化したことが最大の収穫だったってことになりそうだなぁ……。

12
アラタカンガタリ、最終回終了。俺のオロチが大興奮エンド。無理矢理な最終回ではあるが、門脇が楽しそうだったので何か許せる。あとコトハがアイカツ並みの崖登りを……。現代編は見たいけど、それだけで第二期とか不可能かなぁ。色々と勿体ないアニメ化だった。