読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

へたブロ~下手の考え休むに似たるのはてブロ~

なれのはて 過去感想は作品タイトルで検索してください

スポンサードリンク

ゆゆ式(2013春)

ゆゆ式 1 (初回限定版) [Blu-ray]

基礎情報

監督:かおり、シリーズ構成:高橋ナツコ、キャラデザ:田畑壽之
メインアニメーター:まじろ&小嶋慶祐
美術監督・美術設定:加藤浩、音響監督:明田川仁、音楽:sakai asuka
制作:キネマシトラス (参照サイトWikipedia、演出@wiki


きらら系四コマ原作のTVアニメ化。
2010年代「ゆるふわ日常系」の系譜のなかでもスタッフワークやコンセプトにおいて特異な位置付けにある作品。監督の「かおり」はアニメーター小森香織の別名義。またキネマシトラスが初の元請け制作を担当した「コードブレイカー」のスタッフが多数継続参加している。

各話感想リンク

第1話〜第5話

本放送後ツイート(tvk火曜25:30、BS11水曜24:00)


ゆゆ式、初回終了。ゆるゆり系と見せて、ガチゆり系だこれ……。ギャグとキャラ配置が若干キルミーっぽくもあるし、ゆったりした時間の流れではあるが中身は意外と攻めてきそうな予感。ところで、スタッフ名が平仮名三文字多くて何者なのかよくわかんない。


ゆゆ式、終了。結局、おっぱいガチ百合アニメじゃないか……!! 冒頭の歌い出して止まらなくなるネタとか、箸が転がっても可笑しい、女三人寄ればかしましいを地で行くノリの数々が観てると段々脳を浸食してくるなー。これ、大半がふるい落とされても残った奴だけでカルトアニメ化するタイプだ……。


(3・夏休みじゃーい!)
ツイートなし。個別感想リンク参照。


(4・いいんちょう)
ツイートなし。個別感想リンク参照。



ゆゆ式、終了。濃厚な百合回からの謎の桃園の誓い回。会話の流れが迷走しながら、どこか深そうな場所まで持っていかれる感じが独特。女子高生の会話は哲学に似ている……。あと、縁と仲良くなる前に唯と一緒にごはん食べてた子が気になる。あの友達の記憶と存在はどこへ?


ゆゆ式、終了。神、降臨!! こ、こんなところに何で野島父が? ネタの流れも演出もどんどん独自の方向に進化していて、ついにゆるふわ系の域を突破してきた感じあったなぁ。もうキルミーすら超えてあいまいみーレベルに認定していいのでは……。


ゆゆ式、終了。え? エンドカード黄瀬和哉……だと!? あんな絵描けたのもここにいるのも驚愕だわ。本編はおじさんにモテモテなクリ好きだのおマメだの友達と尻叩きだの、妙におっさんくさい下ネタが増えてきたなー。エロ面白いからいいけど。


ゆゆ式、終了。おっぱいで繋がる友情!! おっぱいが育む愛情!! JKの日常はおっぱいに満ちている!! ……これが、リアルJKゆるふわ日常系の真実なのか。2グループが接近していく過程も百合の匂いが濃厚だったなぁ。ゆいちゃんマジイケメン。手当たり次第に女を食ってくな。


ゆゆ式、終了。アイちゃんの太ももがねっちょりんこ!! 相川組とすっかり打ち解けて距離詰めていく様子を見せるだけで何だこの幸福なカタルシスは。今回の作画はシャドーボクシングの動きとか表情とか細かい部分でセンスよくて、まるでキルミーと日常のいいとこ取りみたいだったなー。

10
ゆゆ式、終了。けいおん、エロフィギュアM字開脚、これも戦国ぅ、呪力によるメンドクサイ、進撃のチョーさん……などなど、今回ネタ密度がおかしい。それと本作独特の言語感覚が演出と凄く上手く噛み合っていて感心。テッテレー↓がテッテレー↑に変わってスターどっきり化するとか高度過ぎる!!

11
ゆゆ式、終了。いつにも増してくだらない会話を積み重ねているだけだったのに、ふとした瞬間に家の事情と夢の話になって人生変わったりする。この「女子高生の時間」の感覚は凄いなー。ちゃんと出てくるお題も連動してるわけね、スキンシップ苦手とかいう話も繋がってるし。

12
ゆゆ式、最終回終了。水着作画の肉感描写が半端ねえ!! 今期JKフェチアニメとして「あいうら」と双璧だった。一方で、箸が転がっても笑うJK時代のキラキラ感をこれでもかと押し出してみせたのも素晴らしい。理想とリアリティのバランスが最後まで絶妙だったなー。声優陣のノリも最高の出来。

追記

二話目のツイートで「カルトアニメ化するタイプだ」と書いてあって、早々に本質は見抜けていたようだなと安心した。本来ならもっと強烈に支持されていてもいい作品だったと思うが、その後に「きんいろモザイク」「のんのんびより」「ご注文はうさぎですか?」などの売れ線直撃な日常系が大挙して現れたことで、むしろ「日常とのズレを自覚しながら楽しんでいく」本作のスタイルは異質なものとして捉えられるようになってしまった気がする。