読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

へたブロ~下手の考え休むに似たるのはてブロ~

なれのはて 過去感想は作品タイトルで検索してください

スポンサードリンク

百花繚乱サムライブライド (2013春)

百花繚乱 サムライブライド 第一巻 [Blu-ray]百花繚乱サムライブライド 柳生十兵衛 1/7スケール PVC製 塗装済み完成品フィギュア

基礎情報

監督:KOBUN、副監督:佐藤清光、シリーズ構成:西園悟
キャラデザ・総作監:宮澤努、美術監督:東潤一
音響監督:明田川仁、音楽:加藤達也
制作:アームス (参照サイトWikipedia、アニメ@wiki、演出@wiki、他)


第一期「百花繚乱サムライガールズ」から二年ぶりの続編。
スタッフはシリーズ構成の変更以外はほぼ継続。監督「KOBUN」の正体については劇場版名探偵コナンシリーズやシドニアの騎士(2014春)の静野孔文ではないかとする説があるが、確証なし。少なくとも美少女セクシー系の作品に携わるのは本作第一期が初だったとのこと。

本放送後ツイート(BS11木曜24:00)

第一期再放送1
百花繚乱の再放送終了。って、放送寸前まで二期もう始まるのかと勘違いしてた。一期の再放送してそのまま二期に繋ぐのか。今見ると悠木碧寿美菜子が初々しいんで二期でどう変わるのか……。にしてもこの作品の墨エフェクトはやっぱカッコいい。


百花繚乱サムライブライド、初回終了。墨修正は胸だけで、パンツとふんどしはそのままか。なら、むしろエロさは増してるも同然!! メイドネタはずっと続けるみたいだが、世界観が更に迷子だ。あとスフィアだけでなく、けいおん部が増えてるなー。だから萌え萌えキュンがあったの?


百花繚乱サムライブライド、終了。美少女満載アニメでセクハラ小動物をやらされる赤崎千夏って……と心配したが擬人化してくれてマニア需要ゲットだぜ!! 墨修正も胸は大胆に隠すがパンツは絶対隠さないメリハリがいい感じ。


百花繚乱サムライブライド、終了。兼続回だったはずなのに、お猿さんの全裸変身バトルの方がインパクト強かったぞ。時間制限つきとはいえ、自力で全裸になれるのはデカい。


百花繚乱サムライブライド、終了。義仙が出てきた途端に直接的エロが加速。墨汁、大活躍……!! しかし何で男の股間だけ「秘」付きなんだよ、あれじゃBDで無修正にできないじゃないですかー!!


百花繚乱サムライブライド、終了。水着回で作画もよかったが、むしろ露出度は減ってたような……。サービスカットより千姫の立ち姿のセクシーさが凄くよかった。あと、ぐつぐつさんすっかり便利キャラだなー。


百花繚乱サムライブライド、終了。前田慶次は戦コレでもバイク乗りだったっけなー。能登ボイスのミスマッチ感が面白い。それと第一期以上に本気モード十兵衛の悠木碧が凄い。別人みたいだ。あと今回、身体はエロいのに顔がギャグばっかりの千姫……。


百花繚乱サムライブライド、終了。こう大胆に全裸墨修正で喘がれると、エロいのかシュールなのかよくわからなくなるなぁ。悠木碧の喘ぎ演技が進化していたのは確認した。ところで前田慶次が命懸けで戦ってんのに呑気に門番続けてた二人はそんなんだから影薄くなるんだと思う。


マジェプリ見逃して百花繚乱サムライブライド、終了。ようやく半蔵&又兵衛さんメイン回……じゃねーのかよ!! パワーアップ持ち越しどころか予告で変なフラグ立てたぞ? 半蔵はインコちゃんの称号を奪われる始末だし……。


百花繚乱サムライブライド、終了。画伯が筆を装備したなら文字攻撃よりも絵を描かせた方が有効なんじゃ……。しかしようやく変身した二人よりも姫様の触手責めの印象ばかり残る話だった。あと予告のぎったん自重!!

10
百花繚乱サムライブライド、終了。緊迫の状況だけど、ぐつぐつさんだけ絶対意味わかってねぇ……!! 戸松遥の完全にぶっ壊れてる又衛門の演技も凄かった。あとサルがちゃんとマスターサムライの勘定に入ってて安心した。最後に変身したのいつだっけ……。

11
百花繚乱サムライブライド、終了。ライバル対決はこっちももっと長く観たかったよ……。せっかくドラゴンボールバトルは盛り上がってたのに、かめはめ波で呪印ぶっ飛ばすのが簡単過ぎて笑った。しかし詰め込み過ぎはともかく、ダークサムライ組のドラマが最後まで中途半端になりそうなのが気にかかる。

12
百花繚乱サムライブライド、最終回終了。お猿に折られる続編フラグ……。結局、色々と何だかよくわからんが勢いでごまかしきった感じだったなぁ。最後に剣術でなくビームで決着つけたのはいいのか!? 二期はやはり新規キャラの扱いが安定しなかったのが残念。ずっとメイド喫茶でよかったのかも。

追記

第一期から準備期間が長かったのは、ネタ切れに苦しんでいたからだったのだろうか……と、勘ぐってしまうほど焦点の定まらない展開になっているのが見ている間、ずっと気になっていた記憶がある。
メイド喫茶でサービスを増量したいのか、ダークサムライで対決を強調したいのか、ハーレムラブコメを強化したいのか、最後まで方向性が固まらず何やらフワフワした状態で最後までもつれ込んでしまった印象。
ただ、長い準備期間のおかげで悠木碧の成長ぶりはこの上なく堪能できたので、それはそれで悪くはなかった。