読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

へたブロ~下手の考え休むに似たるのはてブロ~

なれのはて 過去感想は作品タイトルで検索してください

スポンサードリンク

夜桜四重奏〜ハナノウタ〜(2013秋)

夜桜四重奏-ハナノウタ- (1) (初回特典:「夜桜四重奏×デュラララ!!」スペシャルコミック1巻) [Blu-ray]

基礎情報

監督・キャラデザ:りょーちも、副監督:鈴木清崇
シリーズ構成・アニメーションプロデューサー:石川学
美術監督:小田理恵、音響監督:明田川仁、音楽:やしきん
制作:タツノコプロ(参照サイトWikipedia


ヤスダスズヒト原作マンガの二度目のTVアニメ化。
ただし松尾衡が監督を務め、アニメオリジナル要素の多かった前作とはスタッフもストーリー上の繋がりもない為「第二期」ではなく「新アニメ版」とされる。またTV版に先立って本作スタッフによるOAD版「ホシノウミ」が制作されているが、このエピソードが本作の第八話と第九話の間に挟まる為、本作のみの視聴だと完全に話数が飛んだように見える。
監督は新進気鋭のスーパーアニメーターとして腕を振るってきたりょーちもOAD版を経てのTVアニメ初監督、ほとんどの話数で総作監も兼任しており独特のぬるぬる作画は全編に渡って贅沢に楽しめる。

本放送後ツイート(BS11火曜24:30)


夜桜四重奏ハナノウタ、初回終了。ツンデレの歌、懐かし過ぎる!! これだけ絵柄と作風が変わっても、やっぱ声が同じだと続きって感覚がちゃんとあるな。りょーちも作画についても元気の良さと健康的エロスが相性いいと思う。あとはこのノリで全編突っ走れるのかどうかかな。


夜桜四重奏ハナノウタ、終了。ぱんつ、ふともも、もみしだき!! これほどヤスダスズヒト絵のエロ部分を引き出したアニメは初めてだ……って脚本と原画が原作者本人だった。あ、こういう路線が原作者公認なのか。あと一期というか前アニメと比べると藤田咲のセリフが凄く増えてる印象が。


夜桜四重奏ハナノウタ、終了。一期の時は延々と悩んでいたチューニングの問題が男の殴り合いで爽やかにあっさり解消。一期はこの辺の設定でグダグダドロドロやり過ぎてたのかなぁ。まあ今回の幼児グシャアは一期よりよっぽどグロかったんだけど。


夜桜四重奏ハナノウタ、終了。ウネウネ動く水着回!!……のインパクトが強過ぎて、シリアス始まった時の失速感が無駄に強調されちゃったような。もうずっと水着と幼女でいいよ!! それにしても、ロリ役だと未だに小倉唯日高里菜の区別がつかない……。


夜桜四重奏ハナノウタ、終了。あ、これまだスカイツリーできてない時代なのか。しかしこういうオカルトバトルに似合うのはやっぱりスカイツリーより東京タワーなんだよなぁ。ドラマの勢いでヒメの出生とかその辺が曖昧だが、それは追い追い別に語るのかな。


夜桜四重奏ハナノウタ、終了。全編アクション&エフェクト祭り!! 特に最後のドラゴンエフェクトは暴れまくっててよかったな。ただ、作画のテンションが高いんで話が進みそうで進まない、逆転しそうでしないのがモヤモヤする。雑魚はもういいからさっさとジジイぶっ飛ばせよ!!


夜桜四重奏ハナノウタ、終了。この茶番の最大の被害者はとばっちりで破壊された東京タワー。全力バトルなクライマックスは見応えあったけど、最後に兄貴の身体とか完全無視で殺しかけたのは結局ヒメの未熟さなのか本質的なヤバさなのか……。作画はエフェクトや吹っ飛び顔芸が凄かったな。


夜桜四重奏ハナノウタ、終了。第一部完、秋名達の戦いはこれからだ!!……みたいな話を中盤に持ってくるわけね。しかしドラゴンキラーだのバンパイアハンターだの新たな敵がどうなるのか期待より若干不安が強い。


夜桜四重奏ハナノウタ、終了。究極パンチラ作画アニメ爆誕!! OPがOVA版のダイジェストで今回はその続きって構成だったようだが、本編も完全にOVAレベルの作画で凄まじかった。何が凄いって、これだけ動いていながら常にエロい!! このフェティッシュさは圧巻だったなー。

10
夜桜四重奏ハナノウタ、終了。生徒の股間をスキンヘッドで温めるプレイ。ここ三話くらい、新展開突入かと思ったらいい最終回でしたみたいなのが続くなぁ。キャラものとしては充分楽しいがそれこそOVAっぽい。次回からは最終章かな。

11
夜桜四重奏ハナノウタ、終了。あ、最終的にじゅりさんの話になるのか。徐々に存在感増していたのはエロ要員だからじゃなかったのね。いや、結局エロ要員にはなってたが。妹のヤンデレぶりは面白いけど、姉妹関係としては嫌な重さがあって引っかかる。

12
夜桜四重奏ハナノウタ、最終回終了。男だらけで最終決戦したものの、特に何も解決せずに終わった。なのに、不思議と平和なEDで大団円気分にさせられる。無理に話を閉じずに済ませたのは続編への意欲ありと捉えておいていいのかな。すっかり長寿シリーズになってるんで普通に続きはありそう。

追記

作画については文句なしに大満足、ストーリーも基本的に原作準拠でおかしな点は特にない。なのに結局マニアックなところに留まってしまったのは、そもそもこの作品にはそれが正しい場所だったということなのかどうなのか……。
不思議とローゼンと並んで松尾衡花田十輝ノーマッドの組み合わせが生んだ旧アニメ版のリベンジを試みる形になったわけだが、どちらもスタッフは入れ替えても声優は継続するところに逆説的に松尾アニメの慧眼を見た気もする。