読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

へたブロ~下手の考え休むに似たるのはてブロ~

なれのはて 過去感想は作品タイトルで検索してください

スポンサードリンク

バディ・コンプレックス

ツイートまとめ

基礎情報

監督:田辺泰裕、シリーズ構成:BCプロジェクト、キャラデザ:稲吉智重&稲吉朝
美術監督:衛藤功二&杉浦美穂、音響監督:鶴岡陽太、音楽:加藤達也
制作:サンライズ第8スタジオ(参照サイト、Wikipedia、アニメ@wiki他)


サンライズ8スタによるオリジナルロボットアニメ作品。
多数の会社協賛による大型プロジェクトであり、アニメ放送に合わせて様々なメディアミックスが展開された。だが、思うような成果を得られなかった為か明らかに分割2クールを前提とした構成でありながら第二期は制作されず、代わりに通常30分前後編での「完結編」がのちに特別放送された。
監督の田辺泰裕はこれが初監督、シリーズ構成の「BCプロジェクト」は実体不明。
上記のように本放送時の評判は決して芳しいものではなかったが、ライバルキャラの「ビゾン」が発狂するシーンがCM等で繰り返されたことでネタ化され、完結編放送時には妙な愛され方をする作品となっていた。
またビゾン役の櫻井孝宏は2014年、他のロボットアニメでも同じように嫉妬に狂って暴走するライバルキャラを多く演じており謎のムーブメントが形成されている。

本放送後ツイート


バディコンプレックス、初回終了。OPの強烈な種色のオリンシスっぽさに警戒したが、本編はテンプレ展開を愚直に使いながら真面目に時間移動ロボアニメを目指しているようで安心した。キャラもメカもデザインが野暮ったいのが勿体ないけど、それも見た目に頼らない王道志向の表明だと思いたい。


バディコンプレックス、終了。また早見沙織を敵にしたな、サンライズは殲滅する!! カップリング解除は女を優先したせいではなくコクピット解放して戦闘やめたせいなのか? どっちにしろ真面目にやってるのに用語だけで裏読みさせるのは面白い。高機動戦闘の演出もシンプルでカッコよかった。


バディコンプレックス、終了。車椅子の妹まで出てきた……!! 変わり果てた故郷での決意といい、こうベタを重ねてくれると逆に楽しい。一方で食えない腹黒艦長の、そういうベタを見降ろしてる感じがいいスパイスにもなってると思う。次のベタ山場は主人公が自分の殺戮行為を自覚する辺りかな。


バディコンプレックス、終了。超級ラブラブ電影弾!! カップリングで機体性能が上がるだけでも謎なのに、何だあの大出力は。あのシステム自体に時空を操ってエネルギーを生み出す仕組みでもあるのかな。ディオがあっさりデレてきたのは話がこれ以上ややこしくならないなら歓迎。


バディコンプレックス、終了。青葉は初対面の相手とも平気でレッツカップリングしちまうビッチ!! 二人が運命的に相性最高だったのではなく、青葉の特異性のせいってことで改めてコンビの必然を問い直す流れか。フロムは噛ませにしては癖なさ過ぎるキャラなんで、死に役にされちゃいそうかなぁ……。


バディコンプレックス、終了。カップル指定して合体!!……攻撃。ああ、あの必殺技何かに似てると思ったらロイヤルスカッシュだ。フロムがライバルにも死に役にもならなかったが今後の必要性あるんだろーか? で、ヒロインと無人島遭難展開だが、これサンライズだけで何度目なんだろう……。


バディコンプレックス、終了。軍人を超えるバスケ部の体力!! 無人島漂流展開でヒロインを薄着にするのに土木作業を使うのは……一周回ってむしろそっちの方がエロいからいいのか。青葉の時間軸認識がフラフラしてるのが引っかかったが、そのバカさがヒナの心を溶かす流れは悪くなかったかな。


バディコンプレックス、終了。重要そうな博士が特に大事な情報も残さずあっさり死亡。いやだから、タイムリープで思考共有してるのと時間移動の関連性をですね……。あと特務武官殿はここで殺さずどうする気だ? カップリングのタイムオーバーは、ラブホでフロントに延長お願い電話するみたいな感じ。


バディコンプレックス、終了。親子でカップリング。互いに素直じゃないけど言葉でなく心で通じ合える、親子関係の淡い雪解けを繊細に見せていてなかなかよかった。ヒナ側の掘り下げにしても花澤の人の想いがどっち向いてるのか問題にしても、正直今回の描写でようやくスタートラインが整った感じ。

10
バディコンプレックス、終了。いい感じに人間関係がドロドロしてきたところで、主人公機が奪われる展開か。青葉とヒナの思考回路をはじめ突っ込み箇所は多いが、それを覆い隠せるほどのテンションを生み出せていて面白い。主人公機は正直、今のデザイン地味なんで新型に乗り換えて欲しいなー。

11
バディコンプレックス、終了。サンライズロボアニメではライバルは変なヘルメットを被りヒロインは洗脳されるもの。これは第一期のラストで新型機をお披露目して、新展開突入で続く……かな。巨大ビーム砲の破壊にしても清々しいほどお約束だが、ちゃんとワクワクさせてくれるのはさすが。

12
バディコンプレックス、最終回終了。ディオの好感度によってルートが分岐!! ただしヒナを救助するとビゾンさんが根性で国家を作っちゃうぞ!!……どちらにしろ詰んでる。単純なループでなく入れ子構造になってたのには最先端を感じた。二期は過去オマージュからも抜けてくると期待していいのか?

完1
バディコンプレックス完結編、前編終了。OPEDをイジる予算すら与えられなかったのか……。高速展開ながら内容の密度は素晴らしく、むしろ通常のロボアニメの構成にいかに無駄が多いか思い知らされた気分。ランズベリーの人は本来なら数話かけたドラマがあったのだろうが、即死の方がおいしい!!

完2
バディコンプレックス完結編、後編終了。よくぞこの複雑なループ構造を実質後編だけでまとめたな……!! 神業と言っていい見事な仕事。ループの入れ子が二重どころか三重四重になっていたのを回想だけで納得させたのは凄い。タイムリープを最後にロボットの見せ場に使う一貫性も非常に熱かった。