へたブロ~下手の考え休むに似たるのはてブロ~

なれのはて 過去感想は作品タイトルで検索してください

スポンサードリンク

シムーン #21

Simoun (シムーン) 1 [DVD] Simoun(シムーン) 2 [DVD]
テレビ東京系アニメーション「Simoun(シムーン)」オリジナルサウンドトラックII
Simoun CDドラマ「嗚呼、麗しの派遣OL なぜなんだシムーン株式会社」
泉へと招かれ、翠玉のリ・マージョンの真実を知らされるアーエル達。
翠玉のリ・マージョンには時空を超え歴史を書き換える力があった。
そして・・・実際、どことも知らぬ新天地に飛ばされていた
リモネとドミヌーラ。ドミヌーラは歴史を変えるべきか否か悩むが、
またしてもリモネの笑顔にノックアウトされ、歌ってごまかすことに。
・・・いや、歌ってどーすんだ!?
アーエル達が聞かされていた話と組み合わせると、
ドミヌーラ達はシムーンの扱い方が忘れられていた過去に戻り、
そこでシムーンの使い方を教えた伝説の巫女になった・・・と
読めるんだけど、素直にそう判断していいのか少し迷う。
過去というより未来にも見えるし、
まるで別に歴史を持つ並行世界のようにも見える。
大体、ドミリモのタイムスリップが歴史に折込済みだとすると、
この戦争・・・というか物語はそもそも何なんだということになる。
今期流行りのループ世界設定なのか?
「アーエル」という名前が神を示すのも、
アーエルが過去に戻って神になるということなんだろうか・・・?
何かもう、ますます複雑怪奇な世界観になってきてるなー。