へたブロ~下手の考え休むに似たるのはてブロ~

なれのはて 過去感想は作品タイトルで検索してください

スポンサードリンク

遊☆戯☆王5D’s #86

遊☆戯☆王5D’s DVDシリーズ DUELBOX【6】
遊星がある目的に為に訪れた街、そこは暴力が支配する地獄、
そして寂しい風が吹き抜けるその街で再びあの男の物語が動き出す・・・!!
というわけで、鬼柳さんがとんでもないところでとんでもないことになっていて、
遊星がわざわざ呼び出されて西部劇やらされるハメになる話。
いや、マジでこの街は世界のどこにあるの!? 日本なのこれ!?
ネオドミノシティがすでに日本だった面影なくなっているので、
他の地域がおかしなことになっていても不思議はないんだろうけど、
それにしても流れ流れてこんな特異な街に辿り着いてしまう鬼柳はさすがだ。
というか、鬼柳を再登場させるに当たってスタッフは色々考え抜いた末に、
よし西部劇だという結論に達したってことだよね? どんな会議したんだ・・・。
ただ、意外というか鬼柳の為に用意されたこの西部劇の舞台、
むしろ遊星にこそ似合って見えるんだよなー。
遊星はやっぱり仲間とほのぼのやってるより荒野の方が映えるのか。
つまり遊星本来のパートナーは鬼柳であるべきなのか・・・?
今回、肝心の鬼柳自身はクールに描写されてはいたもののセリフも少なく
まだ本心がどこにあるのかは見えてきていない状態。
それゆえに予告の「満足なんか忘れちまったよ」が衝撃的だった。
満足を忘れた鬼柳に一体何が残るって言うんだ!?