へたブロ~下手の考え休むに似たるのはてブロ~

なれのはて 過去感想は作品タイトルで検索してください

スポンサードリンク

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 #8

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray]あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 2 【完全生産限定版】 [Blu-ray]青い栞
めんママンの狂気を知った超平和バスターズが再び分裂、そこに恐怖のポルターガイスト現象が!!
どうなることかと心配されためんママンとの対面が早期に終わったのは良かった。延々あの狂気の素顔ネタで引っ張られたらどうしようかと・・・。
それを受けてのじんたんの孤立、あなるの告白自爆もまた切実さが研ぎ澄まされていて素晴らしかった。
あなるの女の業背負っちゃった感じは実に「とらドラ!」スタッフ・・・!!
しかしあれだけ言われてあなるより非実在かも知れないめんまの方に向かうじんたんも相当な紳士だ。
じんたんが父親&めんま弟との対話を経て家族関係を改めて見つめ直していく流れも、ここからそっちに行くのかという構成に感心。
一話目で伏線張ってからこのタイミングまでめんま弟を温存していたのが凄いんだよなー。
そして、ゆきあつさんが暴れるなかでめんまが自己主張開始。
最大の謎だった、めんまが物に触れる件もちゃんと回収してくるわけか・・・!!
ただ、今まではじんたんの妄想かも知れないという部分でリアリティを担保していたのを、完全にオカルト方面に振ってしまって大丈夫なんだろうか?