へたブロ~下手の考え休むに似たるのはてブロ~

なれのはて 過去感想は作品タイトルで検索してください

スポンサードリンク

あの夏で待ってる #10

あの夏で待ってる 1 (初回限定版) [Blu-ray]あの夏で待ってる 2 (初回限定版) [Blu-ray]
巧みに柑菜と哲朗の行動をコントロールし、最後は必殺ワープで裸族大勝利!!
裸族には幸せになって欲しいと思っていたが、今回の宇宙人の技術すら凌駕するワープアタックと全ての流れを読み切っていたかのような行動には戦慄させられた・・・!!
哲朗が逃げていることを責めていたけど、哲朗が動けばドミノ倒し的に柑菜が犠牲になることも傷ついた哲朗を落としやすくなることも計算出来るはずだもんなー。
何か一気に裸族が腹黒く思えてきて、最初の裸エプロンまで狂気の沙汰に見えてきたよ・・・。っていうかせめて窓にカーテンしとけよ!!
しかし謎ワープはともかくそれぞれに切ない想いが溢れ出す青春の1コマ1コマを、印象的に切り取っていく画面作りは非常に美しかった。
ラスト、必死の柑菜とスイカ食ったままの海人の対比構図は残酷過ぎるが面白い。
これで残すは本当にイチカが宇宙人だって問題だけだけど、これを「おねティ」的にオトすのか別の方向にいくのかでこの作品の持つ意味合いが決まってきそう。