へたブロ~下手の考え休むに似たるのはてブロ~

なれのはて 過去感想は作品タイトルで検索してください

スポンサードリンク

シャイニング・ハーツ〜幸せのパン〜 #12(終)

シャイニング・ハーツ~幸せのパン~Volume.1 [Blu-ray]シャイニング・ハーツ~幸せのパン~Volume.2 [Blu-ray]
結局、島のことも自分のことも良くわからなかったけど、パン焼くよ!! 完。
まあ最後はパン焼くんだろうとは誰もが思っていたはずなので安心の最終回だったはずなのだが、それでも誰も結末までの流れを予想出来ないトンデモさが凄かった。
これぞ川崎逸朗アニメとしか言いようのない、理屈は合ってるはずなのに何一つ納得いかない奇跡的なまでの上滑り感・・・!!
良い話やってるはずなんだけどなー。何でこんなに笑えてしまうんだろう・・・?
結局、三人娘がオマケのようでリックを立ち直らせるセリフは全部マデラが言っちゃってるのも面白かった。完全にメインヒロインはマデラ。
リックと声が同じなエルフ兄とか、本当にただ第一話に出てきただけの人だったんだなー。もう深く考えたら色々と負けだ。
とりあえずEDがカットされなかったのは嬉しかった。それだけで全部許せた。ありがとう、ふわっふわの魔法。
全体としては、Tony絵の再現度や散発的な演出の見せ場など、まともに良く出来ているところも多かった。
しかしそれらを覆い隠すほどに川崎逸朗の個性が全開。
川崎逸朗って原作クラッシャーの名を欲しいままにしながら、それでいて原作付き作品のオファーが尽きない謎多き存在だったのだが、今作でその本質が少し見えた気もする。
たぶんこの人、原作愛は人一倍あるんだと思う。しかし逆にそのせいで独自アレンジ加えなければ気が済まず、更にはファン以外に最低限説明しなきゃいけない情報を伝え損ねるんじゃないかと・・・。
ほとんどの脚本まで監督が書いていたことで、そういう思い入れの深さと説明不足のアンバランスの答えが見えたのは個人的には収穫だった。
また作品としては破綻していても妙な勢いとシュールなおかしさが魅力的なのは確かで、何だかんだで憎めない作品でもあった。
気合い入れて作ったはずのEDが不気味だ狂気だと散々言われて、ちょこちょこ手直しされていく様子とか微笑ましくてたまらなかったし。
ともかく、ニコ動で観るにはある意味最適のネタアニメだった。
スタッフの皆様、お疲れ様でした。