読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

へたブロ~下手の考え休むに似たるのはてブロ~

なれのはて 過去感想は作品タイトルで検索してください

スポンサードリンク

ヤマノススメ&まんがーる! #10・11・12(終)&12

ネット・衛星

ヤマノススメ [Blu-ray]まんがーる! [Blu-ray]
ヤマノススメ10話。山ガールと一緒に下山。
今回も高尾山の聖地巡礼描写が丁寧なのに加えて、山の空気感が絶妙。
下山終わったーというところで、普通にコンクリの道に出てるだけなのがリアル。
11話。アウトドアの準備に小倉唯を部屋に連れ込んでイチャイチャ。
井口の方は日笠陽子の人とデートしてるんで、何かダブル浮気みたいで興奮!!
本編の絵作りもさることながら、本当に阿澄佳奈小倉唯が二人で喋っているだけで異様な癒し空間が発生しているなぁ。
最終回12話。カワノススメ。
・・・山に登らないで川遊びで終わった!? いや、楽しくて良かったけど作品コンセプトとしてどうなんだ!?
それに、あんな混み合っている河原で自然の息吹も何もないような気がするし、本当にアウトドア入門の段階で終わってしまって残念。
で、女子高生が水浴びで透け透けになる河原ってどこにあるんですかね?
作品全体としては、とにかくショートアニメの常識を覆すハイクオリティが素晴らしかった。
一方で時間制限に合わせた情報の取捨選択や、キャラ描写のコントロールなども非常に良く出来ていて、ある種新しいアニメの形を見せてもらった印象すらある。
それゆえに1クールとはいえ、時間にして普通のTVアニメ二話ぶん程度の内容しかないのはあまりに物足りない。
原作ストックさえあれば第二期をやらない理由はないと思うので期待。
スタッフの皆様、お疲れ様でした。


まんがーる10話。書店調査とメイド編集部。
書店で自分の本を押し売りするのはさすがにヒドい。きれいな本を選ぶのは良くやるし。
メイド姿で編集するのは、美人編集揃いという強味を活かして新人にアピールするなら実は順当な作戦なんじゃ・・・。
11話。あいまいみーからの刺客襲来!!
こっちにまで内田真礼出てきたーっ!? そして持ち込んできたマンガが完全にちょぼらうにょぽみ劇場クオリティ。
あれはやりようによっては売れると思うぞ。たとえばニコ動で五分アニメにしてみるとか・・・。
しかし今期の内田真礼はどこにでも出てきて、売れっ子なのか暇なのか良くわからん。
12話。こっち最終回じゃないのかよ!!
「さっきのページで死んだはずの中岡慎太郎が普通に戦ってる」というセリフが妙にツボった。
そして編集長渾身の、テーマソング披露!!
さすがまこぴー!! 超トップアイドルに相応しい歌唱力だぜ!!
・・・いやー、マジで編集長の中の人はプリキュアで大丈夫なのかと普通に心配になっちゃったよ。