読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

へたブロ~下手の考え休むに似たるのはてブロ~

なれのはて 過去感想は作品タイトルで検索してください

スポンサードリンク

まおゆう魔王勇者 #13(終)

日曜アニメ

まおゆう魔王勇者 (3) [toi8先生描き下しイラスト使用Blu-ray第1~3巻収納BOX]まおゆう魔王勇者 (4) [toi8先生描き下しイラスト使用Blu-ray第4~6巻収納BOX]
カオスの極みのような怒涛の群像劇クライマックスラッシュの果て、肝心の魔王と勇者の物語が途中のまま終了。
原作通りなのか打ち切りエンドなのかはわからないが、どちらにしろアニメだけ観ていると完全に打ち切り最終回なので納得はいかなかったなー。
各キャラがそれぞれの場所でそれぞれの物語を繰り広げる構成も、それ自体は非常にエキサイティングで良く出来ていたのに、打ち切りオチのせいで巻きの超展開入っちゃったように見えてしまった。
メイド姉と青年将校と片目司令官の話だけで充分に一話成立する濃さだっただけに、とっ散らかった印象になっているのは本当に勿体ない・・・。
本来メインであるべき魔王と勇者のエピソードももっと他のキャラのエピソードと効果的に連動させて欲しかったし、どうも原作をアニメに置き換える為の仕掛けが弱かった気がする。
とはいえ、それは思い返せば全体に言えることだったので、スタッフの苦労も察せられる。とりあえず爆乳駄肉でツカミを強化する案だけは有効だったが、そこから繋がらなかったというか・・・。
細かな雑学や注釈にこそ本領がある原作だったのだろうから、ある意味では原作のプロモーションアニメという位置づけで観るべきだったのかも知れない。
これで全てを理解しようと思わず、「まおゆう」のビジュアル特化版として原作と一緒に楽しむのが正解か。
作画や声優の演技については、ここぞというシーンでの熱量が凄まじくその点だけ取っても決して悪い作品ではなかった。
メイド姉の大演説は以後、戸松遥のキャリアにおいて語り草になるだろう・・・。
スタッフの皆様、お疲れ様でした。