読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

へたブロ~下手の考え休むに似たるのはてブロ~

なれのはて 過去感想は作品タイトルで検索してください

スポンサードリンク

(新)探検ドリランド 千年の真宝 #1〜6

探検ドリランド―1000年の真宝―VOL.1 [DVD]
放送時間を念願の午前枠に移して、第二期開始。
監督:深澤敏則、シリーズ構成:冨岡淳広、キャラデザ:渡邉巧大、制作:東映アニメーション
構成やキャラデザが変更されているが、世界観は第一期の千年後として継続。一部キャラも引き続き登場する。
林祐己キャラが好きだったんで変更は残念だが、渡邉巧大も東映のホープなんで若手を積極活用する路線は変わらないのかな。
本編はミコト姫様の戦いが何か無駄に終わったらしい千年後の世界で、俺のドリルで天元突破な主人公がカードに封印された仲間と共に戦う話。
・・・第一期ハッピーエンドの台無しっぷりがヒドいのだが、こんなことなら世界観繋げる必要なかったのでは?
そもそも深夜放送の第一期を前提に話を進められてもキッズ視聴者も困るだろうに。
パーンさんが千年の時を超えて戦い続ける宿命を背負わされたのにはマジ同情!! その場の勢いで魔族になんかなるからこんなことに・・・!!
ゲームと連動したカード召喚の要素はキッズアニメらしくて悪くない。仲間を集めるのに課金が必要なのか、などと考えなくもないが。
主人公も相棒も熱血なんで、ストレートに突っ走るノリが強いのもいい感じだと思う。
いきなり敵の城に連れ去られて、そこからの脱出で仲間の絆が固まって改めて冒険の旅に出発・・・ってプロローグイベントの組み方はRPGっぽくて感心した。
で、ヒロイン登場回で温泉で釣るとか、その次がキャバクラネタだとか、土曜午前枠に移ったの忘れているかのような畳み掛けにも驚いたよ!!
カードから復活した女冒険者は温泉宿とか風俗とか、そういう場所に身を落とすしか生きる術がないというリアル指向なんだろーか?
声優陣だと、やはり山口眞弓が元気な少年主人公を演じているのが嬉しい。
元々、少年役に向いた声質なのに何故かそっちの代表作がなかなかなかったからなー。
あと宮本佳那子が元主役とは思えない気の抜けた魔界メイド役で継続してて笑った。
他の継続キャストは大体メイン続けているのに、今になってアメザリとセット扱いってそんな!!
ただ、あの脱力喋りは何かクセになるなぁ。姫様やキュアソードと真逆なだけに余計に。