読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

へたブロ~下手の考え休むに似たるのはてブロ~

なれのはて 過去感想は作品タイトルで検索してください

スポンサードリンク

境界の彼方(2013秋)

ツイートまとめ

境界の彼方 (1) [スペシャルイベントチケット優先販売申込券 封入] [Blu-ray]

基礎情報

監督:石立太一、シリーズ構成:花田十輝、キャラデザ&総作監:門脇未来
美術監督:渡邊美希子、音響監督:鶴岡陽太、音楽:七瀬光
制作:京都アニメーション (参照サイトWikipedia


中二病でも恋がしたい!」「Free!(ハイ☆スピード)」に続く京都アニメーション大賞受賞作のアニメ化。
京アニ作品では欠かすことのできないアニメーター・演出家の一人、石立太一の満を持しての初監督作。脚本は「中二病」と同じく花田十輝が全話単独で担当。
先の二作と同様にアニメ化に際して多数のオリジナル要素が加えられているが、この作品の場合は原作既刊エピソードの終了後にオリジナルの展開があり、その内容によって原作エピソード部分の意味付けが変化するトリッキーな構成が採られている。

本放送後ツイート(BS11日曜24:00)


境界の彼方、初回終了。スーパーメガネタイム開幕!! BS11は計算高い編成するなぁ……。本編はハルヒ氷菓中二病を連想させる要素を、ムント様の精神で染め上げたような感覚。面白くなるのかどうかはわからないが、ある意味で非常に京アニらしさが爆発する作品になりそう。


(補足。この期の日曜BS11境界の彼方→メガネブ!のメガネフェチコンボが成立。また裏のBS日テレアルペジオブレイブルーという構成だったうえに、境界以外はニコ動配信していたのでリアルタイム視聴がいい加減になっている)


(2・群青)
裏のアルペジオ初回を優先してツイートなし。


境界の彼方、終了。序盤クライマックスに向けて盛り上がってはいるものの、どうもキャラと視聴者の情報理解に差があって話が上滑りして見える。だから桜って誰だよ!? 何か組織の人達といい話の本筋に絡まないまま重要キャラにならないで欲しい。あと境界なのか協会なのかがセリフだけだとわからん。


境界の彼方、終了。主人公とヒロインの境遇が重なり合うところとか概念空間でのバトルとか、いい意味で非常にクラシカルな異能青春ものになってきた。ラノベというよりヤングアダルト。80年代後半の感じを今の京アニがやることに意義があるのかな。これ逆に若い世代の方が新鮮さあるのかも。


境界の彼方、終了。ヒロインの方がわりと攻めるキャラに変化したことで、むしろヒロインによって他のメンバーが変わっていく話にシフトするのかな。多くを説明し過ぎない雰囲気勝負の演出は回りくどくはあるが見応えあった。しかし、メガネメイドにメガネの弦を噛ませるとは、メガネブは業が深い!!


境界の彼方、終了。このロリコンどもめ!! ええと、完全に別アニメっていうかアイドルアニメになるほど突き抜けたギャグ回ながら、むしろ京アニ的にはこっちの方が本道に見えてしまうなー。ヤマカン新作潰しですか。脚本の強引さも、敢えて花田脚本らしさを自己追求した結果なんじゃないのか!?

(7・曇色)
ツイートなし。アルペジオ・・・ではなく、NHKBSで三週連続放送されたアニメロサマーライブを見ていた模様。この回は桜ちゃんとの決闘&和解の話。桜ちゃんは復讐鬼なのかと思ったら意外とちょろかった。

(8・凪黄金)
ツイートなし。怪しいメガネブのクルマに乗ってホイホイついていってしまった妹の為に兄貴が本気出す話。
エンドカードでどうやって兄貴がクルマを追走していたのかの無茶なフォローがされていて面白かった記憶が。あと作監堀口悠紀子

(9・銀竹)
ツイートなし。次回以降は種明かし&解決編なので、実質的にこの回がサスペンスの最高潮。各キャラがどれだけの情報を握っていて、それをどう使っているのかを最後の最後まで隠して引っ張る構成が鍵だった・・・と、終わったあとになって思うがリアルタイムで見ている時はそこまで気が回らず、とにかく混沌とした話に振り落とされてかけていたように思う。

10
境界の彼方、終了。季節を背景に過去と現在と夢と現実が絡み合う、種明かし回。最初から栗山さんは全て知っていたという設定はたぶんオリジナルで付け加えたのだと思うが、それが原作準拠だったと思われる前半戦を二重構造にする形になってて実際の内容以上にトリッキーな印象になってるな。

11
境界の彼方、終了。不死身じゃなくても、メガネブの変態だ!! ママンは空気読めないというより世界観から浮いてるなー。栗山さんとの関係が救出劇へと収束していく感じは王道の青春感があってよかった。あと雪景色だからか、茅原実里の歌のせいなのか、ハルヒ消失のセルフオマージュ感も強い。

12
境界の彼方、最終回終了。本体はメガネだったので死んでもメガネなしで復活する!!……ご都合にしても理屈はつけて欲しかった。最終決戦で主人公が幻想殺し無双するのも何か違ったし、姉さんVS変態メガネが一番ドラマ的にも盛り上がってた印象。やることはラス前にやっちゃってて消化試合だったか。

追記

漁ってみたら三分の一のツイートが抜けているうえに、ほとんどメガネブの話ばっかりだ!! どんだけメガネブに心奪われていたんだ当時の自分・・・。
ちなみに裏でやってたアルペジオは更にツイートが少ないのでまとめようがない。2013年の代表作の一つなんでどうにかしたいが。
作品の評価は、作画演出のオーバークオリティゆえに「京アニの無駄遣い」的なレッテルを貼られがちだったと記憶しているが、改めて考えると原作再構成やテーマ設定における「ハルヒ」「Key三部作」との共通点、先行作品で散々ネタにした「中二病」要素へのド直球な取り組みなど、この作品は変わりゆく京アニの最後の挟持だったようにも思う。