読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

へたブロ~下手の考え休むに似たるのはてブロ~

なれのはて 過去感想は作品タイトルで検索してください

スポンサードリンク

【デレマス2nd感想放棄】アイドルマスターシンデレラガールズに最終回なんてあるわけない。

 

 

 厳正なる抽選の結果、残念ながらチケットをご用意することができませんでした!!(一ヶ月ぶり二度目)

 

 というわけで、最終回が無事(?)放送されすでに一週間近くが経ちました。

 最終回後、ブログ感想記事をちびちび進めてはいたんですが、どうもスイッチが入らないというか、スイッチなんか入れたくないというか、ブログなんて書き上げたくない、自分はブログ書く為にこのアニメ見てたわけじゃないんだ……そういうことじゃないんだ……そういうことじゃないんだよ……!! とか何とか呟きつつ死んだ魚の眼でひたすらデレステをシャンシャンして蘭子一枚目まで到達。ハロウィン公演とバハムートコラボも進めなければいけないし、いつまでもアニメ最終回を引き摺っていてはいけないのですが、どうにもこう……終わった気がしない。終わったはずがない。

 最終回の内容自体は、これまでの出来事を丁寧に反復・復習しながら1話へと循環し、新たな可能性(ヒカリ)にバトンを渡して幕引きと幕開けを同時に行う、極めて巧緻なものだったと思います。ドラマ的な最高潮はやはり24話の「S(mile)ING!」だったので、基本的にはあくまで各アイドル達とプロデューサーの成長を確認しながら、テーマと作品構造の総括を行うのが主だった内容だったかなと。

 で、その「テーマと作品構造の総括」に関して、細かく検証したり解説したりするべきなのかどうなのか……とずっと悩んでたんですが、結論としてはやはり「書きたくない」。

 野暮である。

 作品の途中の段階、全体像が見えていない段階で「ああでもないこうでもない」と妄想するのは作品の楽しみ方の一環であるし、様々な視点を提供することにも意味がある。

 だが、完結・完成した作品に対して今更そんなこと言っても仕方ない。

 見りゃわかるだろ!! 全部通して見て自分で判断しろ!!

 ……としか言いようがないのであり、そしてこのアニメ「シンデレラガールズ」は異様に情報量は多いが解釈自体はむしろわかりやすい部類の作品だと自分は思っている。特に最終回まで見たうえで伏線や反復される要素を拾いながら二周目の視聴に臨めば、普通の人なら脚本演出の意図を理解するのに難はないだろう。

 なので、解説とか考察はもういい。見ろ、考えろ、感じろ!!

 そうなると、あとブログに書くことなんて「自分にとってこの作品は何だったのか」の自分語りを始めるか、純粋に各スタッフ&キャストのこの仕事がよかったとかそういう感謝の手紙じみたものを書き綴るしかないが、それは他にいくらでもやってる人がいるだろう。

 何より、自分はまだまったく総論めいたものを書ける精神状態になってない……最終回なんて言ってもTV放送が一時休止しただけじゃないですかぁぁ……1stのあとも三ヶ月後に再開したわけですし、今回もそんな感じで数カ月後には再開してるんですよきっと……実際BD収録の26話もあるので全然終わってないのは事実。真理。確定的に明らか。

 ええと要するに、繰り返しますが感想なんて書きたくないし、書くこともないのです。

 ではみなさん、ごきげんよう。幕張行ける人は頑張ってUOナウシカエンド再現してね!!

 

 ――で、済ませてしまえばいいものを、最後にちょっとだけ余計な話。

 

続きを読む

【デレマス2nd適当感想】アイドルマスターシンデレラガールズ最終局面、輝けシンデレラスターズ!

 

 

 特別編成「SmileHistory」が放送され、ついに残るは最終回のみ。

 この一週間、第24話感想で書き残していた「シンデレラプロジェクトの本当の意義」についてどう書いたものかと思案していたのですが、「SmileHistory」で声優陣がそれぞれに名場面を挙げるなかで個別のアニメ観、ひいては「シンデレラプロジェクト観」が見えてきていたので、ここまでまとまらず引っ張ってしまったのもまあ悪くなかったかなと言い訳をする。

 とはいえこれはアニメ全体の総括に近い話になるので最終回前だとやはり難しく、どうしても適当にならざるを得ないので開き直ってインチキQ&A形式でダラダラと書きます。突っ込み無用。

続きを読む

【デレマス2nd適当感想】アイドルマスターシンデレラガールズ第24話、時を超えて、愛をこめて、ずっと歌うよ!!

 

 

 愛ってなんだ? ためらわないことさ。

 24話、「S(mile)ING!」での島村卯月覚醒回でした。

 恐らく誰もが予想して、期待したものを乗り越えてきた。あるいは突き放し置き去りにするほどに走り切った。そんな内容になっていたと思います。

 これまでの物語の積み重ね、韻を踏む反復演出、童話モチーフと背景直喩、そして何よりTVアニメ版「アイドルマスター」との鏡合わせの関係性の全てを結実させた、まさに高雄監督以下スタッフ渾身の一話。ぶっちゃけ付いてこられない奴のことなんぞ知らん潔く死ね!! わかった気になった奴は潔く泣いて死ね!!――というくらい豪腕でワガママで圧倒的で、とてつもなく「アイドル」で「アイマス」な回だった。アイドルはなぁ、アイドルだからこそ、媚びたら終わりなんだよ!!

 

 今回、自分が考える重要なポイントは大まかに三つあって、

 

続きを読む

【デレマス2nd適当感想】アイドルマスターシンデレラガールズ特別編・他、お前にご用意するチケットはねえ!!

 

 

 厳正なる抽選の結果、残念ながらチケットをご用意することができませんでした(訳・お疲れ様でした)!!

 

 というわけでシンデレラガールズ特別編成の第一弾「Road to LIVE」が放送されたわけですが、相変わらず突然に用意された穴埋め特番とはとても思えない豪華な撮影場所と凝った構成で、やっぱりこうなることは最初から想定済みだった疑惑が拭えない……!!

 謎の三ヶ月の空白もそうだが今回も代々木BDの宣伝を完璧にこなしていて、商売全体としてはまったくダメージを負っていないどころかむしろ転ぶたびに金を拾っている感じさえする。AmazonのDVDランキング、値下げ幅が増したこともあって一位になってるんですけど!?

 特にCD毎週販売のスケジュール考えるとコロムビアには得しかないと思うのだが、一体どこまで不可抗力でどこから計算されたリカバリーなんだ……。

 いつもながら謎しかないシンデレラガールズですが、この一週間は東京ゲームショウでの複数ステージにデレラジAでのオマケ合わせて五十分近い23話語りに「私色ギフト&HeartVoice」CD発売にG4U!パック&BD五巻発売(konozama中)に「スターライトステージ」での初イベント開始にと、アニメ休止も意味を成さない情報ラッシュ。

 これにミリオンライブ!の3rdツアー出演者発表とSideMの公録イベントが重なり合うことでアイマス全体の動きも、もう本当に整理がつかないことになっている。

 なので今回は23話の語り残しも含めて自分なりの解釈でラスト二話と今後のアイマスの動きについて箇条書きでまとめておきます。あくまで大量の情報を記憶頼りに引っ張り出しているので細かい間違いはあると思いますので、あしからず。

続きを読む

【デレマス2nd適当感想】アイドルマスターシンデレラガールズ第23話、BADコミュなんて誰でもできるもん!!

 

アイドルマスター シンデレラガールズ 5 【完全生産限定版】 [Blu-ray]

アイドルマスター シンデレラガールズ 5 【完全生産限定版】 [Blu-ray]

 

 

 東京ゲームショーの各種デレステ関連のステージなどを見ながら23話についてようやく一つ、自分のなかで整理のついた問題があったのでその件だけ簡単に書いておきます。

 22話ラストで島村卯月にかかっていた魔法が解けた。その「魔法」とは具体的に何だったのか? そして島村卯月の身に起こっていた問題とは、本質的に何だったのか?

 鍵はPの行動にある。今回Pは卯月の様子がおかしいことには「NGsが個別の活動を開始した辺りから」薄々気付いていたと言っている。他のCPメンバーと同様にPもまったく気付いてなかったんじゃないかと思っていたがそうではなかった。気付いたうえで色々と立ち回って、それでもどうにもならずに今回の状態になった。

 何故かというと、卯月の本音、「正体」が正確に掴めなかったから。

 恐らくPの前にはずっと、多くの視聴者と同じ三つの選択肢が浮かんでいた。

続きを読む

【適当にデレマス】逃げるゴールを追いかける無限マラソンが始まったので速報感想休止の話

 

 

 2ndシーズンに入ってから何となく始めた「デレマス2nd速報感想」という形式ですが、ラスト三話ぶんとなったところで一旦止めて少し落ち着こうかと思います。

 それというのも……本編の放送期間が二週間空く特別編成になったのに翌日更新にこだわって焦って適当な記事を上げるのも意味ないよね、となったからですね。

 どうしてこうなったのかは不明ながら、1stの特別編や分割発表の時と同様に普通に偉い人はイベント出てくるし声優やアニメーターの皆様は元気にアニメの感想ツイートしているしCDの発売日がむしろ延長したことでドンピシャになっているし、放送枠は一年アイマスで押さえているから局には別段悪影響もないし……何か騙されてる気がする!! 最初から何もかも想定済みだった気がする!!

続きを読む

【デレマス2nd速報感想】アイドルマスターシンデレラガールズ第22話、空高く輝く星は地上の花を見失う

 

 

 魔法が解けた。

 島村卯月の魔法が。

 だが、それはいい。想定内だから。当然そうなる流れであったし、秋フェスを圧縮して進行させ、それ自体はハッピーに成功させて終わりながらCパートで落とす!!……という構成には戦慄したものの、秋フェスと卯月爆弾が切り離されたのはよかった。

 自分は「魔法が解ける」その瞬間に起こるのは、トライアドのライブに卯月がただのファンとして感動してしまい凛と並び立つ必然性を失ってしまうとか、そういった秋フェスやトライアドの成功そのものが卯月を撃ち貫いてしまう展開なんじゃないかと心配していたので、そうでなかったのはむしろ安心した。

 島村卯月が心折れたのは「Pが自分の為に頭を下げている」瞬間だった。

 とても島村卯月らしいと思う。

続きを読む