読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

へたブロ~下手の考え休むに似たるのはてブロ~

なれのはて 過去感想は作品タイトルで検索してください

スポンサードリンク

新世界より #22・23・24

火曜アニメ

「新世界より」 六 [Blu-ray]
22話。悪鬼を殺す最終兵器、サイコバスターを求めていざ東京へ!!
「新世界サイコバスター」と書くと超能力スーパーバトルアニメっぽい。
サイコバスターという名称はともかく、切り札を求めてパーティーを組んで潜水艦で崩壊後の世界へと旅出つ展開はいきなりRPGみたいになってて結構わくわくさせられた。
しかし辿り着いた東京は、大冒険の予感どころかグログロな大秘境で楽しさなんて微塵もない・・・!!
虫はともかく汚物まみれになるのはアニメであっても生理的にキツいなぁ。早季の反応にちょっと興奮したりはしたけど。
ただ、今までずっと早季はリーダーシップを発揮するキャラだったのに最後にきてパニックもののウザい女キャラみたいになってるのが少し引っかかる。
奇狼丸さんと乾さんが頼りになり過ぎて早季が頑張るまでもないのか・・・。


23話。乾さんとの二人旅の果てに、早季が瞬の幻影と再会する。
乾さんとの関係が瞬の存在と重ね合わせられるように非常に深く描かれていて、良い雰囲気過ぎて逆に戸惑う。
いや、この空気で早季の水浴びシーンまであるのに、乾さんとヤっちゃわないの逆におかしくね!?
さすがに覚を放置して、瞬を思い出しながら、乾さんとヤっちゃうと早季が超絶ビッチになってしまうので避けたんだろうけど、演出は明らかにそういう方向性を滲ませている。これアニメ独自の味付けなのか?
しかもこれだけフラグ立てておいて、乾さんが死ぬシーン自体は実にあっさりしているのがまたヒドい。
クライマックスの瞬との再会が対照的にじっくり描かれるだけに、余計に乾さんと瞬の重要度の差が浮き彫りに・・・。


24話。悪鬼との決戦で、サイコバスター無駄遣い。
乾さんの死って一体・・・。早季の感情は理解出来るとはいえ、これまでの犠牲を考えるとさすがに反射的に何やらかしてんだよと思ったなぁ。
悪鬼はあくまで自分をバケネズミだと誤解しているだけというのも、鏡なくてもさすがに違いはわかるだろうと気になった。スクィーラがよほど上手く教育したのか・・・。
脳内の瞬が早季に語りかけてくるのは、本当に瞬が思念を早季のなかに遺していたということ? だとすると瞬の人格はず〜っと早季の私生活を覗き見してたの?
奇狼丸さんが裏切ってなかったのは素直に嬉しかった。スクィーラでなくとも人類に対する考え方は同じという点も納得。
結局、バケネズミは新人類なのであって旧人類は呪力がどうこう以前に衰退を余儀なくされるのが自然の摂理ということか・・・。
しかしこのままだと人類の醜さを見せつけられて大した救いもなく終わりそうなのだが、何か希望はあるのかどうか。