へたブロ~下手の考え休むに似たるのはてブロ~

なれのはて 過去感想は作品タイトルで検索してください

スポンサードリンク

うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVE1000% #13(終)

うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVE1000% 2 [Blu-ray]
うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVE1000% 3 [Blu-ray]
うたの☆プリンスさまっ♪Debut ユニットドラマCD カミュ&セシル
うたの☆プリンスさまっ♪Debut ユニットドラマCD 藍&那月&翔
うたの☆プリンスさまっ♪DebutユニットドラマCD 蘭丸&真斗&レン
シャイニングの正論に抗えず田舎に逃げ帰った春歌の前に、田園のプリンス達が集結する最終回。
壁にぶち上がって田舎に戻っておばあちゃんと思い出話をして復活する・・・ところまでは超王道なのに、何で田園で歌い出す!?
今までもそうだったけど、八割まで真面目に丁寧に作り込みながら残りで全部ぶっ壊す思い切りの良さが素晴らしい。
最終回はまさにそういうこの作品の魅力が凝縮されていて、非常に観ていて気持ちが良かった。
春歌がみんなの歌を作れるのは自分だけだというエゴを丸出しにすることが最終試験というのは、逆ハーレムものの本質を突いているようでもあったなぁ。
ハーレムの女王様はその愛という名のエゴによってイケメン達を繋ぎ止めているのが正しいのだ・・・。
そしてラストの第一話冒頭OP完全版!! テンションMAXでそのまま終わるのは凄かった。
しかしあれデビューライブって設定なのに何で観客はあんなに鍛え抜かれてるんだよ!? まるで1クール付き合い続けたくらいファンが温まってたぞ・・・。
全体としては、まさに今期のダークホース。完成度の高い脚本&作画とそれを容易に破壊する超演出の組み合わせに毎回驚かされっぱなしだった。
こういうタイプの作品だと、どうしてもギャグ方向に振れ過ぎて女性向けとしては不発になるパターンも多いのだが、この作品の場合はこれだけやりながらあくまでキャラ自体は崩さない節度を守っていたのも勝因の一つだと思う。
まあニコ動コメントではみんなダムだのぼっちだのネタ化激しかったが、あくまで本編でセクシーさを保っていたのは大きい。声優陣の魅力も抜群だったし。
あと個人的には乙女ゲーアニメ恒例、ヒロインがそこらの萌えアニメを蹴散らすくらい可愛いの法則が守られていたのも嬉しかったな。
沢城みゆきがこういう天然純情タイプのヒロインを好演していたのも珍しくて良かった。
とにかく様々な要素が奇跡的に噛み合った成功作だったのだが、まだ二重人格とか猫とか実家問題とか音也さんの存在価値とか放置されているネタも多いので二期も充分あり得るのかな。
スタッフの皆様、お疲れ様でした。