読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

へたブロ~下手の考え休むに似たるのはてブロ~

なれのはて 過去感想は作品タイトルで検索してください

スポンサードリンク

リトルバスターズ!〜Refrain〜 (2013秋)

ツイートまとめ

リトルバスターズ! ~Refrain~1 (BDゲーム「西園美魚密室殺人事件?」、EX朱鷺戸沙耶ルート第1話同梱) (初回生産限定版) [Blu-ray]

基礎情報

監督:山川吉樹、シリーズ構成:島田満、キャラデザ:飯塚晴子
美術監督:水谷利春、音響監督:本山哲
音楽:折戸伸治戸越まごめ麻枝准&三輪学&PMMK&水月陵(原作スタッフ)・岩崎健一郎
制作:J.C.SFAFF (参照サイトWikipedia


2012年秋から2013年冬にかけて2クール放送された第一期の完結編。
AIR」「KANON」「CLANNAD」の三部作でKeyブランドとの関係を確固たるものとしていた京都アニメーションが制作から外れたことで当初は内容を危惧する声も多く聞かれたシリーズだったが、第一期の堅実なアニメ化により本作(第二期)への期待は最初から非常に高いものとなった。
スタッフは基本的に第一期から継続。ただし第一期で巽悠衣子が代役として演じていた西園美魚役には産休を終えた河原木志穂が復帰している。また原作楽曲をほぼそのまま使用していた音楽の役職に新たに岩崎健一郎が参加。
個別シナリオを丁寧に原作再現していた第一期に対し、第二期は完結編としてのスピード感と整合性を重視した構成の再構築が行われた。本編脚本は全話、島田満が単独で担当。本編で取り上げられなかったサブキャラの個別シナリオは本作のBlu-ray/DVDに初回特典OVAとして付属した「EX!」において補完されている。

本放送後ツイート(BS11月曜24:30)


AT-X無料放送、リトルバスターズリフレイン初回終了。相変わらずこの学校クズしかいねえ!! しかしアニメスタッフは別なのにハイテンションのノリが昨日のAB!とちゃんと共通してるなぁ。あと西園さんが謎の消失をまぬがれてた代わりに声変わりしたけど、これはむしろ元に戻ったのね。
(補足。前日に麻枝准が原作を務める「Angel Beats!」の特別編が放送されている)


リトバスリフレイン、終了。永遠にロリに辿り着けないエンドレスエイト。これは世界の謎とリンクする形で、恋愛ルートを進めるとEDまで一直線になるんでセーブポイントに戻り続けるっていうメタなギャルゲー解釈も入っているんだろうか? けどこれ、真ルートは姉御でも鈴でもなく恭介だよな……。


リトバスリフレイン、終了。何が起こっているのかはわからない、わからないままに何かの終わりと始まりを強烈に受け止めざるを得ないラストだった。これは全員が同じ夢を見ていて目覚めた者から抜けていくとかそういうことなのか? それだけだと説明つかないことも多いのでまだ捻りがありそうだが。


リトバスリフレイン、終了。鈴フラグが立った途端に全員退去!? ああ、みんなで負け犬公園に行ってしまったのか……。世界観の事情はともかく、基本的にはみんな二人が付き合うようになるまで一芝居打ってた形なのか? ただ伏線はあったけど恭介以外、最初から何もかも自覚があったとも思えない。


リトバスリフレイン、終了。さすが恭介、策士過ぎる……ってレベルじゃないよなー、さすがに。この世界の現実から外れた存在なのは間違いなく、こうなるとバス事故の話がいよいよ嫌な予感として大きくなってくる。AB!はこれの進化系だけど、AB!ほど取り返しがつかない事態ではないと思いたい。


リトバスリフレイン、終了。駆け落ち混浴シーンが一瞬しかないなんて茶番だぁぁぁ!! つか、てっきり健吾もグルで八百長試合組んでるのかと思った。恭介の存在の意味を知ったうえでの本気の反抗だったのか……。しかし田舎とか警察とかちゃんとあるみたいだし、世界の謎は物理的にどうなってるんだ?


リトバスリフレイン、録画で視聴終了。あー、理樹と鈴だけループを記憶してない逆リーディングシュタイナー状態なのか。他のキャラの方がプレイヤー目線に近くて主人公とヒロインの行方をハラハラ見守ってる構図だったってことかな。他のヒロインは報われないの自覚済みの成長イベント要員か……。


リトバスリフレイン、終了。ただでさえシュールな真人だらけのシーンが地震テロップで更に訳わかんないことに。何が起きているのかは置いといて、熱い男の殴り合いはいい感じだった。何か精神世界みたいな状況で自分と他人の心を見つめ直す流れは、マザー2のラスト直前マジカントみたいなノリだ。


リトバスリフレイン、終了。永遠に繰り返す青春時代なんて、確かに自覚があるなら守り続けたいよなぁ。それを友を守る名目にすり替えてしまったことは罪だけど人間くさくて一番共感が持てた。で、そういうループ構造が生み出すあれこれを、未だ決定的に説明せずに見せているのが綱渡りで凄いな。

10
リトバスリフレイン、終了。ループ世界はSF的な設定ではなく恭介達の走馬灯が共有されて精神と時の部屋を形成しましたってことなのか。退場ヒロインが本当に逝ってしまっていたらしいのはショック。生徒全員がバスに乗ってたわけじゃないだろうからサブの娘にはワンチャンあるのか?

10追記
しかし緑川光の独白芝居を聞いていると、キャラもシチュも似て非なるものだけどやっぱり出崎版AIRを思い出すな……。

あーそうだ!! バスだ!! 二十分くらいモヤモヤしてた!! 原作&TV版と違って出崎AIRはバスから降りて始まってバスに乗ってまた旅立っていくんだ、確かそうだったはず。それでかー。
(補足。恭介役の緑川光は出崎版AIRで主人公を演じていた。ちなみに緑川光CLANNADでも主人公を導く兄貴分を演じており、リトバスの恭介は自身の演じてきた役柄の集大成という意気込みがあったとのこと)

11
リトバスリフレイン、終了。あああ、グリリバが泣きの芝居で一瞬だけ素の声になるところが「みんなの理想の恭介を演じ続けてきた恭介」が素に戻ったのと完全シンクロしててもはや芝居なのかどうなのかわからない……!! 理樹の物分かりがいいのも主人公の椅子は最後の時だけ恭介にって感じか……。

12
リトバスリフレイン、終了。え……まだ希望あるの!? てっきり世界から退場すると同時に旅立ってたと思ってたのだが、意識が途絶えただけでみんなまだ息はあるのか? まあほぼ全滅エンドよりは全然大歓迎だが、前回の感動は一体!? 恭介が一緒に事故に遭った事情もある意味一番残酷な真実だった。

13
リトバスリフレイン、最終回終了。ハッピーエンド過ぎて、最後まで実はこの世界こそ妄想ってオチを警戒してしまったわ……!! 恭介復活の件くらいはもう少しリアル寄りでもよかったのに。ともあれみんな笑顔で終わったのは嬉しい。サブの面々にも出番欲しかったけど、そこは記憶の共有がないのかな?

追記

中途半端に原作のネタバレを聞きかじっていたので、世界の真実が明かされて以後の展開には良くも悪くも翻弄されてしまった。あの状態から全員生存ハッピーエンドって、未だにそれはどうなんだという思いもあるけど、全三作が奇跡を起こしつつもどこかに犠牲を強いていたのと比べると、脳天気なまでに前向きに終わることそのものに意義があったのかも知れない。
そう考えると、京アニ縛りを脱してJCがアニメ化に挑んだこと自体、重要だったのかな……。