読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

へたブロ~下手の考え休むに似たるのはてブロ~

なれのはて 過去感想は作品タイトルで検索してください

スポンサードリンク

(新)トレインヒーロー #1〜

鉄道ブームを受けて中国で制作されたCGアニメの日本語版。
ヒカリアン」をパクったんじゃないかと発表当時色々言われていたが、元々テレ東主導の日中合作のプロジェクトだったらしい。どの段階で「ヒカリアン」のタカラトミーが関わったのかにもよるが。
ともかく制作自体は完全に中国スタッフによるもので、日本側は吹き替えのみ。
主題歌がOPしかなく、EDはそのカラオケバージョンという謎の手抜きっぷりのせいで日本側がどこまで本気なのかさっぱりわからない・・・!!
CGの出来は、トレインヒーローそのものは悪くないのだが背景や人物CGの見栄えの悪さが非常に気になる。
モブキャラが「gdgd妖精s」のネタキャラみたいな連中でそれだけで笑っちゃうんだよなー。
ただ、モブの面々がCGキャラでありながら不思議と中国人っぽい存在感を発揮しているのは注目に値する。
韓国もCGアニメには力を入れているが、あっちのキャラはそれほど韓国人らしく感じない。日本のCGはアニメ調かハリウッド調かの二択で日本人らしさなんてハナから放棄してるし、中国CGアニメのこのセンスは少し興味深い。
あと、脚本に突っ込みどころが多いのだが、これは日本のアニメだって人のことは言えないのでそういうネタアニメなんだと楽しむ方向に理解した方が良さそう。
二話目でお姫様が明らかに欠陥構造な列車から落ちかけてるのに、周囲が誰も気付かないという流れには無茶苦茶ウケた・・・!!
鉄道の素晴らしさを伝えるよりも中国鉄道のセキュリティの甘さを啓蒙するアニメになってる気さえする。
肝心のトレインヒーロー達のキャラ立てが弱いのは問題あるかな。吹き替えがビーストウォーズ並みにはっちゃけることもなさそうだし。
毎回熱心に追いかけることはないが、定点観測的に注意はしておきたい。
・・・最後の世界の鉄道実写紹介コーナーが本編なんで、そこだけ観ておけばいいという説もある。