読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

へたブロ~下手の考え休むに似たるのはてブロ~

なれのはて 過去感想は作品タイトルで検索してください

スポンサードリンク

北京五輪柔道 男子100キロ級&女子70キロ級

鈴木桂治、中沢さえ、ともに初戦敗退。
・・・アテネ井上康生が負けた時は何となく予感もあったし
万全の状態にはほど遠かったのだろうということで納得もしたが、
今回の鈴木桂治のこの負け方はちょっとショックだったなぁ・・・。
男子が厳しいというのは繰り返し認識していたはずだったが、
それでも鈴木ならメダル圏内には迫ってくれるだろうと油断していた。
まさか初戦でああも見事に足を持っていかれるとは。
奇襲ではなく二度三度と食らっていた技を防ぎきれずにやられたわけで、
もう何一つ言い訳の利かない負け方だというのが切ない。
それを引き摺ったのか何なのか敗者復活戦でも一本負け、
試合後のインタビューでは引退を示唆・・・本当にどうにもならない。
そして鈴木を倒した相手はそのまま自分のスタイルを貫いてモンゴル初の優勝、
これが時代の変わり目というものなのか・・・?
こうなると日本式のスタイルを捨てて世界で勝つことにこだわった
石井の結果がどう出るのかが更に重要になってくるかな。
最終日、勝っても負けても日本柔道の未来は大変そうだが・・・。